NEW

JRA【京都2歳S(G3)展望】武豊8年前から「隔年勝利」で今年は勝つ番!? ノースヒルズ軍団の大物ディープインパクト産駒で前人未到11度目Vへ準備万端

JRA【京都2歳S(G3)展望】武豊8年前から「隔年勝利」で今年は勝つ番!? ノースヒルズ軍団の大物ディープインパクト産駒で前人未到11度目Vへ準備万端の画像1

 27日、阪神競馬場ではラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)が行われる。

 レースの創設は1959年で、当時は『京都3歳S』の名称だった。2013年まではOP特別競走として行われ、ナリタブライアンやエピファネイアなどがここをステップにG1馬に上り詰めている。しかし、14年にG3に格上げされて以降は、このレースを勝利して活躍する馬は少なく、“不出世レース”と呼ばれるほどだ。

 しかし、今年は将来が楽しみな逸材が何頭かスタンバイ。近年では最も濃いメンバーが揃いそうだ。

 筆頭格はノースヒルズ軍団が送り込むディープインパクト産駒の期待馬、トゥデイイズザデイ(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)だろう。

 翌28日に開催されるジャパンC(G1)でノースヒルズの大将格コントレイルがターフを去るが、2歳下のこの馬が1日早く看板馬のバトンを受け取れるかに注目が集まる。

 デビューは7頭立ての少頭数で行われた9月の中京芝2000mの一戦。先手を取ると前半3ハロンが39秒7という超スローペースに落とし込み、直線では並びかけられることなく、2着に1馬身差をつけ快勝した。

 揉まれる競馬はもちろん未経験で、今回も行く馬がいなければ行かせる可能性は高いだろう。鞍上は引き続き武豊騎手が務める予定だ。

 武騎手はOP時代を含めて、このレース通算10勝と好相性。また、2013年からは隔年で勝利していて、流れ通りなら今年は武騎手が勝つ番だ。JRAの平地G1完全制覇には、朝日杯FS(G1)とホープフルS(G1)を残すのみで、トゥデイイズザデイ次第では年末のホープフルS制覇も見えてくる。

 同じく1戦1勝のライラック(牝2歳、美浦・相沢郁厩舎)は、東京芝1800mで牡馬相手にデビュー。道中は好位を追走し、直線力強く抜け出す好内容で勝ち上がった。

 トゥデイイズザデイが三冠馬ディープインパクト産駒なら、こちらはオルフェーヴル産駒。半兄には札幌2歳S(G3)勝ちのブラックホールがいて、2歳戦での活躍は織り込み済みだろう。勝算あっての関西遠征とみていい。

 初戦に騎乗したM.デムーロ騎手は「まじめで折り合いがつき、距離は持ちます。瞬発力もあり最後まで伸びていました」とそのポテンシャルを絶賛。折り合いに不安がない点から1ハロンの距離延長はむしろ歓迎だろう。

 ただし牝馬はこのレースを長らく勝っていない。最後の勝利は翌年に武豊騎手を背に桜花賞(G1)を勝った1988年のシャダイカグラまで遡る。もしライラックが勝てば牝馬クラシックの主役候補に躍り出る可能性もあるだろう。

JRA【京都2歳S(G3)展望】武豊8年前から「隔年勝利」で今年は勝つ番!? ノースヒルズ軍団の大物ディープインパクト産駒で前人未到11度目Vへ準備万端のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?