NEW

JRA【ジャパンC(G1)展望】「無敗の三冠馬」コントレイルは有終の美飾れるか!? 怖い「今年のダービー馬」シャフリヤールは川田将雅と再コンビ!

【この記事のキーワード】, ,
JRA【ジャパンC(G1)展望】「無敗の三冠馬」コントレイルは有終の美飾れるか!? 怖い「今年のダービー馬」シャフリヤールは川田将雅と再コンビ!の画像1
コントレイル

 アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト―――。三冠馬3頭による夢の競演からはや1年。今年はコントレイルが競馬ファンの注目を一身に浴びるジャパンC(G1)となるだろう。

 デビューから圧倒的な強さを誇り、ディープインパクト産駒の最高傑作といわれてきたコントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)。昨年は苦しみながらも菊花賞(G1)を制し、史上3頭目の無敗三冠に輝いた。

 そして女王アーモンドアイに挑戦状をたたきつけた昨年のジャパンC。菊花賞で3000m戦を走った後の秋3戦目で疲れもあったのだろう。アーモンドアイになすすべなく敗れ、初黒星を喫した。

 古馬となった今年はローテーションにも注目が集まった。大阪杯(G1)から始動したのは既定路線だったが、道悪に苦しんで3着に敗れた。天皇賞・春(G1)は距離を理由に見向きもせず、宝塚記念(G1)も疲労が抜けきれず回避。終わってみれば1戦のみで春競馬を終えた。

 夏の間に英気を養い、陣営が天皇賞・秋(G1)とジャパンCの2戦で引退することを発表したのは10月上旬。より距離適性の高い天皇賞・秋で確勝を期したが、3歳馬エフフォーリアに完敗し、残すは引退レースのジャパンCだけとなった。

 史上最高と呼ばれた昨年に比べるとメンバーがやや軽くなったのは間違いないが、2400mに延びることはコントレイルにとって決してプラスではないだろう。それでも三冠達成後に一度も勝てずに引退という事態だけは避けたいところだ。

 前走後は在厩で調整し、陣営のコメントや動きを見ても反動の心配はなさそう。栗東CWでの1週前追い切りは予定を上回る好タイムをマーク。3頭併せで闘争心にも火がついた。「何とかもう1つタイトルを」……。そんな陣営の祈りは通じるか。

 三冠馬コントレイルの最大のライバルとなるのが今年のダービー馬シャフリヤール(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)だろう。両馬の主戦を務める福永祐一騎手はもちろんコントレイルに騎乗するが、ライバル馬の瞬発力を知るだけに否が応でもシャフリヤールを意識することになるはずだ。

 シャフリヤールとコンビを組むのは毎日杯(G3)以来2度目の騎乗となる川田将雅騎手。ブリーダーズCフィリー&メアターフ(米G1)でラヴズオンリーユーを勝利に導いた手腕に期待がかかる。

 この秋は神戸新聞杯(G2)から始動。単勝1.8倍の1番人気に支持されたが、不良馬場に自慢の切れ味を削がれ、まさかの4着に敗れた。

 毎日杯をレコードで、ダービーも速い時計で勝っているように、理想はパンパンの高速馬場だろう。さらにスローペースで瞬発力が問われる展開になれば、勝機は十分出てくるはずだ

 前走後はノーザンファームしがらきに放牧に出され、先月19日に帰厩。不良馬場を走ったダメージもあったようだが、1週前には栗東CWで併せて1馬身の先着。前走の疲れは問題なさそうだ。

 同期のエフフォーリアが一足先にG1・2勝目を飾った。ハイレベルといわれる現3歳世代のダービー馬として、シャフリヤールも続きたい。

JRA【ジャパンC(G1)展望】「無敗の三冠馬」コントレイルは有終の美飾れるか!? 怖い「今年のダービー馬」シャフリヤールは川田将雅と再コンビ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  4. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  5. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  6. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  9. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?
  10. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは