NEW

JRA【京阪杯(G3)展望】スプリンターズS(G1)3着シヴァージが登場! 快速馬の宝庫「6歳牡馬」VS新鋭「3歳牝馬」の“4強”対決に注目

【この記事のキーワード】, ,

JRA【京阪杯(G3)展望】スプリンターズS(G1)3着シヴァージが登場! 快速馬の宝庫「6歳牡馬」VS新鋭「3歳牝馬」の4強対決に注目の画像1

 28日(日)、ジャパンC(G1)の直後に行われるのは京阪杯(G3)だ。昨年に続き今年も阪神芝1200mが舞台となる。

 想定段階で20頭を超える登録が予定されており、混戦ムードが漂う。実績面で注目したいのは2頭の6歳牡馬だ。

 6歳牡馬といえば、現役のダノンスマッシュに加え、昨年引退したタワーオブロンドンとミスターメロディの3頭がスプリントG1を制覇。長らく短距離界を牽引してきた世代でもある。

 もちろんダノンスマッシュは出走しないが、同世代のシヴァージとライトオンキューが主役候補としてともに重賞2勝目を狙う。

 シヴァージ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)の武器は、なんといっても切れ味鋭い末脚だ。元々ダートを主戦場にしていたが、約2年前に芝路線に転向すると、ほぼ毎レースで上がり最速をマーク。位置取りが後ろ過ぎて善戦止まりということも多かったが、嵌まったときの破壊力は抜群だった。

 しかし、今年に入ってからはややシフトチェンジ。1月のシルクロードS(G3)で福永祐一騎手が中団からの競馬を試みると、見事重賞初Vを飾った。

 高松宮記念(G1)は、左前脚に外傷を負ったため回避。春は1400mのリステッド競走を2戦し、いずれも中団からの競馬で2着、5着と勝ち切れなかった。

 秋はスプリンターズS(G1)にテン乗り吉田隼人騎手とのコンビで出走。10番人気という伏兵だったが、最内枠を生かして、好位5番手につける積極的な競馬で、直線しぶとく脚を伸ばして3着に好走した。

 前走のパフォーマンスで今回は上位人気必至だろう。マークされる形になっても同じ競馬ができるかどうか、吉田隼騎手の手綱さばきに要注目だ。

 もう1頭の6歳牡馬は、2年前にこのレースを制しているライトオンキュー(牡6歳、栗東・昆貢厩舎)。高松宮記念(G1)以来、8か月ぶりの実戦となるが、調教ではいい動きを見せている。

 デビューから4歳春まで1400~1600mを使われていたが、その後スプリント路線に転向。以降は10戦連続で1200mのみに出走している。その10戦のうち掲示板を外したのは3度。うち2度はG1なので、G3なら大きく崩れることはなさそうだ。

 前走の高松宮記念は4番人気に支持されたが、ブービー17着に沈んだ。ただし、競走中に鼻出血を発症していたためで、この一戦は度外視してもいいだろう。

 久々の実戦となるが、17日の1週前追い切りは栗東坂路でこの日の2番時計となる50秒1をマーク。休み明けでも初戦から動けそうで、スプリント界で隆盛を誇った6歳牡馬として存在感を見せたい。

 2頭の6歳牡馬に対抗するのは3歳牝馬の2頭だろう。

JRA【京阪杯(G3)展望】スプリンターズS(G1)3着シヴァージが登場! 快速馬の宝庫「6歳牡馬」VS新鋭「3歳牝馬」の“4強”対決に注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?