NEW

JRAマイルCS(G1) “持っていた”グランアレグリアと足りなかったシュネルマイスター、横山武史の敗戦はレース前から「確定」していた!?

JRAマイルCS(G1)横山武史の敗戦はレース前から「確定」していた!? 持っていたグランアレグリアと足りなかったシュネルマイスターの画像1
シュネルマイスター

 21日、昨年に続き今年も阪神競馬場で開催されたマイルCS(G1)は、C.ルメール騎手の1番人気グランアレグリアが勝利して連覇を達成。単勝1.7倍の圧倒的支持に恥じないマイル女王の貫録を見せつけた。

 近年、安田記念(G1)との春秋マイル王に輝いた馬はいたものの、マイルCS連覇は2006年、07年のダイワメジャー以来。グランアレグリアによる連覇は、14年ぶりの快挙となった。

 一方で、自身の引退レースで有終の美を飾った女王を前に、2着と惜敗したのが横山武史騎手とシュネルマイスター(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)のコンビだ。

 同馬はスプリンターズS(G1)をピクシーナイト、天皇賞・秋(G1)をエフフォーリアが制して3戦2勝と秋の古馬G1で絶好調だった3歳馬の筆頭格。2番人気に推され、グランアレグリア相手に真っ向勝負を挑んだが、あえなく返り討ちに遭ってしまった。

「相手が強かったです」

 レース後、そう振り返った横山武騎手だが悔しさは隠せない。馬場の荒れた内目をロスなく走り、最後の直線で外に進路を取りたかったが、スムーズにはいかなかった。勝負所で前にはサリオス、インディチャンプが横並びの壁となり、外からダーリントンホールに内へと押し込まれたのは痛恨だった。

 残り200m過ぎでようやく進路が開いた頃には、外からグランアレグリアが猛然と追い上げてきたタイミング。終始、馬場のいいグリーンベルトを走っていた女王が、溜めに溜めた末脚を炸裂させたのに対し、荒れたインから何とか抜け出したシュネルマイスターが後れを取ったのは、やむを得なかったのかもしれない。

「内容的に決して力負けではなかったと思います。持ち味である思い切りのある騎乗をしたかとなると、物足りなさも感じますが横山武騎手も上手に乗っていましたね。

痛かったのは枠の内外の差でしょう。グランアレグリアのルメール騎手は、馬の力を信じて乗ることに集中できた外枠でしたが、内枠のシュネルマイスターは、前が詰まらないように気にしながらの騎乗を強いられました。

パトロール映像では芝の傷んだ茶色い部分を通るシュネルマイスターと、綺麗な緑の部分を走るグランアレグリアとの違いがハッキリと分かります」(競馬記者)

 これにはシュネルマイスター陣営も悔いが残る結果となった。

JRAマイルCS(G1) “持っていた”グランアレグリアと足りなかったシュネルマイスター、横山武史の敗戦はレース前から「確定」していた!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合