NEW

JRA「引退」コントレイルに花束を! 三冠馬ラストランに捧げる同世代ライバルたちの激励の歴史

【この記事のキーワード】, ,
JRA「引退」コントレイルに花束を! 三冠馬ラストランに捧げる同世代ライバルたちの激励の歴史の画像1
コントレイル

 今週末いよいよジャパンC(G1)が行われる。新旧4世代のダービー馬対決や昨年の3冠馬コントレイルのラストランという事もあり、大いに注目を集めている。

 振り返ると、近年の3冠馬は全馬ラストランを勝利している。昨年このレースを制したアーモンドアイをはじめ、オルフェーヴル、ジェンティルドンナ、ディープインパクトなど有終の美を見事に飾っている。この流れを絶やさないためにもコントレイルも是が非でもこのレースを制したいところだ。

 時に3冠馬にはクラシック戦線でライバルとなった馬が存在する。オルフェーヴル世代ではウインバリアシオン、ジェンティルドンナ世代ではヴィルシーナという、同じ時期にG1を共に沸かせたライバルの存在は競馬の歴史において多くのドラマを生んできた。

 昨年の菊花賞(G1)でコントレイルと激闘を演じたアリストテレス(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)もコントレイルのライバルの1頭。今回は横山武史騎手との新コンビでジャパンCに参戦予定だ。

 同馬は今年に入り、AJCC(G2)を不良馬場のなか勝利し、コントレイルに迫った実力を証明したかにみえた。しかし、次走の阪神大賞典(G2)で単勝1.3倍の圧倒的1番人気に支持されながら、直線でいつもの伸びがなく7着と敗れる。

 そこから歯車が狂いだしたか、春の大目標だった天皇賞・春(G1)では4着、続く宝塚記念(G1)でも見せ場なく9着と人気を裏切る惨敗が目立った。

 夏は休養にあて、復帰戦に選んだ前走京都大賞典(G2)。最後はダービー馬の古豪マカヒキにハナ差及ばず2着だったが、春比べると復調の兆しとも見て取れる。現在『netkeiba.com』の予想オッズでは6番人気と伏兵扱いで、今回は気楽な立場で走れそうだ。

 思い返せばアリストテレスの父エピファネイアは、菊花賞を勝った後に惜敗が続いていたが、見事にジャパンCで復活の勝利を果たしている。それも2着ジャスタウェイに4馬身差の圧勝だった。アリストテレスには、ここで待望の初G1勝利&同一G1父子制覇の期待が高まる。

 また、今年G1で大活躍の横山武騎手と初タッグを組む。秋のG1シリーズでも菊花賞と天皇賞・秋(G1)を連勝。エリザベス女王杯(G1)は馬の状態が悪く16着と大敗したが、先週末のマイルCS(G1)では2着と存在感は十分だ。

 復調気配のアリストテレスと絶好調男・横山武騎手とのコンビに1発の怖さが漂う。昨年の菊花賞で見せたコントレイルとの壮絶な叩き合いを、もう一度見ることができるかもしれない。着順はどうであれ、同志であるコントレイルに最後の贐(はなむけ)を送ることができるか。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

JRA「引退」コントレイルに花束を! 三冠馬ラストランに捧げる同世代ライバルたちの激励の歴史のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?