NEW

冬の「幸」は「オタル(小樽)」でいかが? 好調・幸英明×中竹和也厩舎コンビが朝日杯FS(G1)へ名乗り!

冬の「幸」は「オタル(小樽)」でいかが? 好調・幸英明×中竹和也厩舎コンビが朝日杯FS(G1)へ名乗り!の画像1

 先週の日曜日、阪神競馬場で行われた秋明菊賞では、1番人気に支持されたオタルエバー(牡2、栗東・中竹和也厩舎)が逃げ切り勝ちを決めた。

 前3走でもすべて逃げているオタルエバーは、この日もスタート後じわりとハナへ。最後の直線では、鞍上の幸英明騎手が馬場を選びながら追い出し、後続を引き離すと最後は余力を残してゴール。新馬戦以来の2勝目を挙げた。

 現在の阪神の芝コースは時計のかかるタフな馬場で差しが決まりやすく、先週の土日でも芝のレースで逃げて勝った馬はオタルエバーただ1頭。他の馬とはスピードが違ったといえばそれまでだが、逃げ馬には厳しい条件ながらも改めて能力を示した。

 レース後、幸騎手は「ずっとかかっている感じ。能力だけで勝っている」とコメント。やや道中に課題があるようだが、実力は折り紙付きだ。

 もともとデビュー前から調教で好時計を連発していた同馬。新馬戦では、POG(ペーパーオーナーゲーム)でも人気の評判馬コリエンテスを相手に4馬身差の圧勝。時計も夏の新潟開催の芝マイル戦では、新馬戦史上最速(当時)の1分34秒6を叩き出した。

 2戦目では新潟2歳S(G3)へ挑み、デイリー杯2歳S(G2)も連勝したセリフォスに着差0.3秒と僅差で敗れたが、世代のトップクラスと差のない競馬を見せているだけに今後の期待も高まる。

 鞍上の幸騎手も今年は好調だ。先週は土日で4勝。デビュー28年目で、すでにキャリアハイの77勝を挙げている。先日行われたエリザベス女王杯(G1)をアカイイトで制し、大波乱を演出したのは記憶に新しい。

 オタルエバーもアカイイトと同じ中竹厩舎だ。中竹厩舎は、先週行われた東京スポーツ杯2歳S(G2)でもテンダンスで3着に入り、2歳戦でも勢いのある厩舎。今後、幸騎手×中竹厩舎のコンビに自然と期待も高まる。

 次走は朝日杯フューチュリティS(G1)への出走を予定しているようで、賞金的にも現時点では足りそうだ。オタルエバーの父リオンディーズもキャリアわずか2戦目で朝日杯FSを勝っている。

 次回は一筋縄ではいかないレースとなりそうだが、父の「追い込み」勝ちとは異なる「逃げ切り」勝ちで同一G1レース父子制覇を演じることができるか。楽しみな一戦だ。

(文=ハイキック熊田)

<著者プロフィール>
ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

冬の「幸」は「オタル(小樽)」でいかが? 好調・幸英明×中竹和也厩舎コンビが朝日杯FS(G1)へ名乗り!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!