NEW

JRA秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち

JRA秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたちの画像1
グランアレグリア

 先週行われた秋のマイル王決定戦・マイルCS(G1)は、C.ルメール騎手のグランアレグリアが有終の美を飾った。2着には若き関東のエース・横山武史騎手のシュネルマイスター。マイル界の絶対女王に3/4馬身差に迫る惜しい内容だった。

「ルメ・タケ」といえば、一昔前なら間違いなくルメール騎手と武豊騎手のことを表していただろう。しかし、今「ルメ・タケ」は、紛れもなくルメール騎手と横山武騎手のことだ。JRAでは10月の菊花賞(G1)からすでに4つのG1レースが行われたが、2人が馬券に絡んだのはこれが3度目。ワンツー・ゴールも2度目である。

 特に、ルメール騎手の今年のG1成績は脅威の一言に尽きる。

 勝ち星こそ、先週のマイルCSがこの秋のG1初勝利となる5勝目。昨年、自身2度目となるJRAタイ記録の8勝を挙げたルメール騎手からすれば地味な成績かもしれないが、春の安田記念(G1)以降、G1で馬券圏外に敗れたのはエリザベス女王杯(G1)だけという安定感は、現役騎手の中では群を抜いている。

 ちなみに2021年のG1における3着以内率は、驚異の70.6%。これは4連勝を含む8勝を挙げた昨年の63.6%を上回っており、今年のG1で掲示板(5着以内)を外したのはエリザベス女王杯のレイパパレ(6着)だけである。もはやG1でルメール騎手を切ることは、絶対にやってはいけないことの1つと言えるだろう。

JRA秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたちの画像2
横山武史騎手

 また、今年大ブレイクしている横山武騎手もG1の3着以内率は50%。買い目に入れておけば2回に1回は貢献してくれる好調ぶりだ。

 特にエフフォーリアで2着に敗れた日本ダービー(G1)以降、G1に騎乗して馬券に絡めなかったのはエリザベス女王杯のウインマリリン(16着)だけ。レース前から体調不良の不安が囁かれていた敗戦だけに、まともに戦えるなら“鉄板級”の存在になりつつある。こちらも今、逆らってはいけないジョッキーの1人だ。

 この2人に割って入るのが、福永祐一騎手だ。

 今年のG1における3着以内率は、横山武騎手を上回る52.9%。これはコントレイルで無敗の三冠を達成した昨年を上回る成績だ。特に秋G1で馬券圏内を外したのは、先週のマイルCSだけ。それも3着とはハナ差の4着と、ほぼ完璧な結果を残している。福永騎手に逆らうなんてとんでもない!?

 一方、この3人に押される形で、秋G1で苦戦を強いられているのが川田将雅騎手だ。

 3着以内率35.3%は十分に優秀な成績であり、春には高松宮記念(G1)、大阪杯(G1)、安田記念(G1)勝利と存在感も十分だった。

 しかし、この秋にはスプリンターズS(G1)のダノンスマッシュに加え、菊花賞(G1)のレッドジェネシスと2度の1番人気で共に馬券圏外など大苦戦……。この秋は米ブリーダーズCを勝利し、世界のKAWADAとなったが、日本のG1では思うような結果を出せずにいる。

 先週のマイルCSで福永騎手との3着争いをハナ差で制したのは復調の兆しか。ここからの巻き返しに注目したい騎手の1人だ。

JRA秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?