NEW

JRAジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→4位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術

【この記事のキーワード】, ,
JRAジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術の画像1
昨年はアーモンドアイ優勝で平穏決着だったが…

「世紀の一戦」とさえ言われた昨年のジャパンC(G1)は女王アーモンドアイと若き三冠馬コントレイル、デアリングタクトの3強で決着。3連複がわずか300円という大本命での決着となった。

 あれから一年、28日に行われる今年のジャパンCには、昨年の覇者アーモンドアイと3着デアリングタクトが不在。ラストランを迎える2着馬コントレイルが主役となるが、約1年間勝利がなく、とても盤石とは言い難い混戦模様だ。昨年とは打って変わって、荒れた結果になっても不思議ではない。

 この秋G1の大荒れと言えば、やはり先々週のエリザベス女王杯(G1)だろう。

 3強と目されたレイパパレ、アカイトリノムスメ、ウインマリリンがそろって馬群に沈み、勝ったのは10番人気のアカイイト。2着に7番人気ステラリア、3着に9番人気クラヴェルで決まった3連単は339万馬券となった。ちなみにクビ差4着のソフトフルートも11番人気という人気薄だった。

 果たしてレースを見守った全国のファンの中で、この決着を予想できた人はどれくらいいるだろうか。大多数が自分の馬券がハズレた以上に、名前も聞いたことがないような馬ばかりが上位を占めた光景に呆然としたに違いない。それもそのはず、掲示板(5着以内)に乗った馬はすべて、G1どころか重賞の勝利経験すらなかったのだ。

 無論「これも競馬」であるが、それで片づけていては、いつまで経っても馬券で勝つことはできない。実際に3連単339万馬券には、1371票も投票があったのだ。「勝ち組」は確実に存在している。

 大波乱のカギを握ったのは、やはり展開だろう。

 序盤からシャムロックヒルとロザムールが激しい主導権争いを展開し、1000m通過は59.0秒。これは同距離同舞台で行われた春の宝塚記念(G1)よりも1秒も速い。

 春のグランプリで、レイパパレは格下のユニコーンライオンに競り負けながらも3着にしのいだ。しかし、それよりも1秒も速いエリザベス女王杯で先団を追走すれば、大きな敗因になることは明らかだ。

 つまり、この時点で1番人気馬レイパパレの苦戦は確定していたことになる。さらにその前を走っていた3番人気ウインマリリンにも同様のことが言えるだろう。唯一、上位人気で可能性が残されていたのは自在性のあるアカイトリノムスメだったが、あろうことかレイパパレをマークしてしまったのが運の尽きだった。

 結局、先行勢は全滅し、馬券に絡んだ3頭はすべて中団から後方で脚を溜めていた馬たち。結果だけを見れば、これほどわかりやすい決着もない。しかし、大多数のファンがこの結果を予想できなかったからこそ、馬券は荒れに荒れたのだ。

 何故なのか、それは一般の競馬ファンと「レースに携わる関係者」が直接コンタクトを取る機会がないからだ。

 シャムロックヒルとロザムールが「逃げる」ことは、過去の戦績が記載されている競馬新聞を見れば一目瞭然だろう。ただ、この2頭がどこまで本気でハナ争いを考えているのか、多くのファンは知る術がない。

 また、自在性のあるアカイトリノムスメには様々な選択肢があったことは、これまでのレースぶりから容易に想像できる。だが、実際にレイパパレをマークする作戦を取るかは想像することしかできなかったはずだ。

 一見、大きく報じられていないだけに「関係者の本音」など些細なことのように感じてしまうが、レースの結果にこれだけ大きな影響を及ぼしてしまうことは、大波乱となったエリザベス女王杯の結果を見れば明らかだろう。

 もし、シャムロックヒルとロザムールが「捨て身」でハナ争いをすることを知っていれば、誰でもすぐに「巻き込まれるレイパパレが危ない」という結論に行き付くはずだ。

 そんな「関係者の本音」をあらゆる情報ルートから把握できる組織がある。今年で創業25年を誇る『競馬セブン』だ。

JRAジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術の画像2
『競馬セブン』にはかつて鬼軍曹と呼ばれ、あの福永祐一を指導した徳吉一己も

『競馬セブン』は総監督を務める徳吉一己に、元JRA騎手・元JRA騎手学校教官という経歴があり、あの福永祐一騎手、池添謙一騎手、和田竜二騎手といったトップジョッキーは教え子だという。まさに【騎手情報】のすべてを知る存在といえるだろう。
 
 また、“美浦トレセンの地獄耳”との異名を持つ古川幸弘は、競馬記者歴40年以上の実績があり、厩舎関係者だけでなく現役馬主とのつながりも深く【馬主情報】も把握。さらに、内田博幸騎手の身元受入先も務めた嶋田潤元JRA調教師が【美浦情報】を、名馬タマモクロスを育てた小原伊佐美元JRA調教師が【栗東情報】を網羅。

 元ジョッキーや元調教師、馬主に牧場長など、競馬におけるあらゆるカテゴリーに情報ルートを持つ『競馬セブン』は、競馬新聞やネットといったメディアでは公開されない秘匿情報を元に、これまで何度も独占的な的中を繰り返してきた。

「先日のエリザベス女王杯について、我々は1番人気が予想されたレイパパレが崩れるところから予測を開始しました。元々、陣営から『距離不安』という話が出ていただけでなく、シャムロックヒルとロザムールの陣営の話を統合すると『ハナ争いが激化する』と、すぐにわかったからです。鞍上の団野大成騎手や池添謙一騎手の性格もよく知っていますしね。

また、ウインマリリンの陣営からは主戦の横山武史騎手を筆頭に『状態面に大きな不安がある』情報もキャッチ。ハイペースの先行馬ということもあって、こちらもすぐに『今回は厳しい』という結論に達しました。

アカイトリノムスメは2回連続の関西遠征というだけなく、戸崎圭太騎手から『ある程度、流れに乗った競馬になる』という話をうかがっていたので、我々が狙いとしていた後方待機をする馬ではないとの結論が出ていました」(競馬セブン関係者)

JRAジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術の画像3
勝気な性格で知られる池添謙一騎手

 レースがハイペースで流れることさえわかっていれば、馬券の狙いは後方待機馬。いわば馬券のセオリーといえるが、問題は後方待機馬の中で「どの馬をチョイスする」かである。

 我々のような素人であれば、真っ先に4番人気のテルツェットを有力視しそうなものだが、「プロの決断」はまったく違ったようだ。

「みなさんもご存知だったと思いますが、この日の阪神は10月からの連続開催の影響もあって、かなりタフな馬場でした。こういったケースで大きくものをいうのがパワーや馬力。基本的には『馬体重の大きな馬が有利』になることが多い印象です。

確かにテルツェットは有力な馬の1頭でしたが、馬体重は424kgと出走メンバー17頭の中で最下位。とても本命にはできません。レイパパレ(442kg)やアカイトリノムスメ(452kg)も小柄な馬だったので不安材料の1つになっていました」(同)

 実際に、このエリザベス女王杯を後方から勝利したアカイイトは514kgと出走馬No.1の馬体重の持ち主だった。さらに2着のステラリア(490kg)は全体4位。全体2位のシャムロックヒルが展開の向かない絶望的な逃げ馬だったことを考慮すれば、少なくとも馬単13万馬券は十分に予想できた結果ではないだろうか。

 これでわかることは『競馬セブン』は決して、根拠のない魔法のような方法で馬券を的中させているのではなく、しっかりと情報を収集し、根拠に基づいた理論で的中に結び付けているということ。

 結論だけを見れば、我々のような素人でもできそうなことかもしれないが、そこで明白な「結果」を残しているのが素人とプロの差なのだろう。

 また今週末には東京競馬場でジャパンCが行われるが、『競馬セブン』は読者限定で【3点勝負買い目】を無料で公開してくれるという。しかも無料で、さらに3点予想だというのに、万が一不的中に終わった場合は「年末の有馬記念(G1)まで無料」で情報公開してくれるというのだ。

 普通なら考えられない大盤振る舞いだが、逆に言えば「それだけ自信がある」ということなのだろう。ちなみに春G1は11戦8勝というハイアベレージだったそうだ。先週のマイルCS(G1)も◎グランアレグリア▲シュネルマイスターで当然のように的中させた。

JRAジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術の画像4
配当10万オーバー。明確な「情報」と「根拠」が揃えば、こんな馬券も夢ではない。

 競馬予想にとって「レースに直接携わる関係者からの情報」は必須だといえる。しかし、競馬新聞やネットでしか情報を得ることができない我々のような素人には、どうしても限界がある。

 100円が339万円に化けたエリザベス女王杯のように、馬券で「勝ち組」になりたければ、プロの情報に頼ってみるのも一つの有効な手段ではないだろうか。

CLICK→【無料公開!ジャパンC・3点勝負買い目】競馬セブン
※本稿はPR記事です。

JRAジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→4位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?