NEW

JRAジャパンカップ(G1)「カレー粉」入り飼葉と噂された猛者も? 40年前、第1回に参加した異色の刺客たち

【この記事のキーワード】, ,

JRAジャパンカップ(G1)「カレー粉」入り飼葉と噂された猛者も? 40年前、第1回に参加した異色の刺客たちの画像1

 28日、東京競馬場で行われるジャパンC(G1)は、今年で第41回を迎える。この開催数の通り、第1回は今からちょうど40年前の1981年11月22日に開催された。当時は今とは違う意味で“超”個性的な馬たちが、はるばる日本までやってきた。

 記念すべき第1回ジャパンCに参戦した外国馬は、アメリカ、カナダ、インド、トルコの4カ国から8頭が来日した。なかでもトルコからやってきたデルシムは、71年の皐月賞とダービー(共にG1)を制した二冠馬になぞらえ、当時のマスコミから「トルコのヒカルイマイ」というニックネームを授かるも、来日後に故障発生。出走せず帰国した同馬の実力は、最後まで謎に包まれたままだった。

 もう一頭のアジア勢、“インドの最強馬”の触れ込みで「インドのシンザン」と紹介されたオウンオピニオンも当初、その実力は謎に包まれていた。額にはインド人よろしく、宝石のルビーが埋め込まれていたという実力馬は、インドで40戦出走して27勝、2着8回、3着2回の好成績を引っ提げて来日。

 かつてイギリスの支配下に置かれたインドの競馬の歴史は古く、アジアで最初に近代競馬が行われたといわれる国からやってきた“刺客”は、2013年11月18日に配信されたデイリースポーツの記事によると「象と併せ馬していた」といった話や「ターバンを巻いた厩務員が、飼葉にカレー粉を混ぜている」といった噂話が流れ、母国語しか話せない厩務員も、日本のマスコミに対して同馬の成績「40、27、8、2」という数字を砂の上に書いて強さをアピール。自信満々でレースに挑んだと記されている。

 しかしジャパンCの2週間前に行われた前哨戦のレースでは、まさかの殿(しんがり)負け。障害馬のジョーアルバトロスにも大差をつけられ、7頭立ての最下位に沈んだレース後、その厩務員はうなだれたままだったという。

 北米からやってきた馬たちもまた、当時の日本の競馬界にある意味で衝撃を与えた。カナダの1頭を除き、北米勢が来日したのはなんと本番のわずか10日前。オウンオピニオンのように前哨戦は使わず、その調教方法はレース週の水曜日か木曜日に追い切っただけ。「脱水症状で体調不十分」など、ここでもまた噂話が流れた。

 ところが肝心のレース結果は、脱水症状が囁かれたアメリカの牝馬メアジードーツが優勝。当時のコースレコードを0秒5も上回る圧勝劇を見せた同馬から上位4頭を外国勢が占めるなど、結果だけみれば“世界の壁”は厚かった。

 一方で過去15年のジャパンCを振り返れば、優勝馬は全て日本勢。“地の利”を生かした近年の「日本馬有利」は周知の事実で、「世界に通用する強い馬作り」を提唱して創設された当初の目標は、達成されたともいえる。

 だがその背景には、残念ながら出走できずに帰国したデルシムや、第1回ジャパンCでは13着に終わったオウンオピニオンらの挑戦者がいたからこそ、現在までの歴史が積み重ねられたことも事実。過去のチャレンジャーたちはもちろん、今年のジャパンCに参戦する全ての外国馬にも最大限の敬意を払い、全馬無事に完走して帰国の途に着くことを願いたい。

(文=鈴木TKO)

<著者プロフィール> 野球と競馬を主戦場とする“二刀流”ライター。野球選手は言葉を話すが、馬は話せない点に興味を持ち、競馬界に殴り込み。野球にも競馬にも当てはまる「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」を座右の銘に、人間は「競馬」で何をどこまで表現できるか追求する。

JRAジャパンカップ(G1)「カレー粉」入り飼葉と噂された猛者も? 40年前、第1回に参加した異色の刺客たちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?