NEW

パチンコ店「やってはいけない」迷惑行為3選!アレをやったら「一発退場」もあり得る!?

【この記事のキーワード】,

パチンコ店「やってはいけない」迷惑行為3選!アレをやったら「一発退場」もあり得る!?の画像1

 多くの人々を恐怖させた伝説の事件。パチンコ店にてハンマーを持った男が遊技台を破壊するという数年前に起きた出来事ですが、それを彷彿とさせる破壊行為が北海道のホールで起きてしまいました。

 その内容は稚内市のパチンコ店にて、店舗の外壁がハンマーで破壊されるというもの。「負けてイライラしてやった」という動機ですが、犯人の男は以前から似たような行為を繰り返していたようです。

 私も元ホール店員ですので、被害に遭った店舗を考えるといたたまれない気持ちになってしまいます。破壊箇所の応急処置や業者への修繕依頼など、本来の業務とは関係のない仕事が増えたことでしょう。まさに迷惑行為の最上級ともいえますが…。

 思えば私がホールに勤めていた際も、実に多くの迷惑行為を目の当たりにしてきました。その大半が笑って話せるようなレベルですが、中には「マジで勘弁してくれ…」と思ってしまうようものもありました。

【注目記事】

甘デジなのに「一撃万発」も余裕で狙える!? 「約77%継続×右半分1000発」の激アマ仕様!!

パチンコ「継続率約90%オーバー」の衝撃作が間もなく撤去…歓喜を与えた「美少女マシン」を振り返る!!

 というわけで、今回は私がホール店員として実際に味わった悪質な迷惑行為トップ3をご紹介したいと思います。物理的に大変な思いをしたものから精神的な苦痛を伴うものなど、どれも「二度と遭遇したくない」と感じた強烈な行為ばかりです。

【あわや稼働停止!? 遊技台に超悪質なイタズラ…】

 負けた腹いせと言わんばかりに遊技台へイタズラされるのは、迷惑行為あるあるの一つ。上皿から繋がっている玉の通り道にガムを詰め込まれたり、ジュースを流し込まれるというケースは以前のコラムでもご紹介したと思います。

 これらは他のお客様が遊技できなくなるうえに、問題解決に時間が掛かるという悪質な迷惑行為ですが…過去には、上記した行為が可愛く思えるような悪質なイタズラをされたことがあるのです。

 それは、パチスロ台の鍵穴に接着剤を塗りたくられるというもの。閉店後に台のメンテナンスをしようと鍵を差し込んだ際、1台だけ穴が塞がっているのを発見したのでした。

 当然ながら台を開けることが不可能なので、このままだと遊技台としてお客様へ提供することができません。一生懸命に鍵穴をほじくってみましたが、取り除ける気配はなかったのです。

 そこで私は、該当台の裏側にある台を取り外して、メダルの補給管をはめ込むスペースから手を伸ばして強引に台を開けるというパワープレーを実行。そして新しい鍵シリンダーと交換して何とか事なきを得たのでした。

 解決するまでに掛かった時間は約2時間。とんでもない迷惑を被ったのは申し上げるまでもありません。営業中にお客様へ迷惑が掛からなかったことが唯一の救いです。

パチンコ店「やってはいけない」迷惑行為3選!アレをやったら「一発退場」もあり得る!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合