NEW

JRA年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?

【この記事のキーワード】, ,
JRA年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?の画像1
キセキ

 28日、東京競馬場では第41回ジャパンC(G1)が行われる。今年は海外から来日した3頭を含め、9頭のG1馬がそろう楽しみな一戦となった。

 そのうちの1頭が2017年の菊花賞馬キセキ(牡7歳、栗東・辻野泰之厩舎)だ。

 実は菊花賞(G1)を最後に4年以上勝利から遠ざかっているが、時には大逃げ、時には後方からの豪快なマクりなど破天荒なレースぶりでファンを魅了してきた。

 菊花賞以降も、G1・2着は4回を数えるなど、中長距離路線で活躍。今年に入ってからも前走の京都大賞典(G2)で3着など国内外の4戦すべてで掲示板確保と存在感を示している。

 そんなキセキの「年内引退」が報じられたのは先月21日のことだった。スポーツ新聞各紙は「年内に引退し、種牡馬入り」と一斉に速報。ファンも即座に反応し、人気馬の引退を惜しむ声がTwitterなどで多数上がった。

 当時、報じられた内容は「アルゼンチン共和国杯(G2)を視野に、ジャパンC、香港ヴァーズ、有馬記念といったG1レースのいずれかを使って引退」という具体的なもので、辻野師のコメントも引退を示唆する内容だった。しかし、当日中に当該記事は一斉に削除されると、「飛ばし記事だったのか?」とちょっとした騒動になった。

 翌22日にはキセキの生産者でもある下河辺牧場が公式Twitterに「僕らもネットで知ったのですが、オーナーから連絡がありましてどうやら正式発表したものではないようです」と投稿。「ただ、いつかは引退する日は来るのでその時まで変わらず応援していただけたらなと思います」とファンに呼びかけた。

「各社が一斉に報じたことから引退は既定路線だったのだと思います。ただ陣営の間で意思疎通がうまくとれていなかったのかもしれませんね。

オーナーとしては京都大賞典でのキセキの走り、そして同レースを勝った8歳馬マカヒキの激走を見て心変わりしたのかもしれません」(競馬誌ライター)

 実はキセキの“引退撤回”騒動は昨年末にもあった。当時のトレーナーだった角居勝彦氏が有馬記念前に『NEWSポストセブン』のインタビュー記事で「オーナーからは私と一緒に引退、と聞いているのでここが最後のレースになるかもしれません」と引退をほのめかし、「なお引退後は種牡馬になることも決まっています」と具体的なプランまで明かしていた。

 ただ、キセキが有馬記念で出遅れて12着に惨敗すると、年明けには角居氏が「オーナーと相談して、もう1年という話になりました」と現役続行を宣言した。

 これには「てっきり有馬記念で引退だと思って応援馬券買ったんだが……」など肩透かしを食らったファンも少なからずいたようだ。

JRA年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?