NEW

JRAジャパンC(G1)「信じる者」は救われる!? シャフリヤールより魅力、ユーバーレーベン陣営の勝負度合い

JRAジャパンC(G1)「信じる者」は救われる!? シャフリヤールより魅力、ユーバーレーベン陣営の勝負度合いの画像1

 28日、東京競馬場で行われるジャパンC(G1)はグランドグローリー、ジャパン、ブルームといった外国馬3頭が出走を予定している。

 国際レースでありながら、外国馬の優勝は2005年のアルカセットを最後に、近年は日本馬が15連勝中。来日する馬のレベル低下も相まって、19年には創設39年目にして史上初めてとなる外国馬の参戦がゼロの非常事態もあった。

 今年はこのレースがラストランとなるコントレイル一強ムードが色濃いが、世界のA.オブライエン厩舎が送り込むジャパンとブルームは、コントレイルが避けた凱旋門賞(G1)に出走した実力馬でもある。日本でのホームだからと油断をしていると、手痛いしっぺ返しを受けるかもしれない。

 とはいえ、世界的にも速い時計の決着が多く、スピードを求められる日本特有の高速馬場での開催は日本勢にとって大きなアドバンテージだ。外国馬には一目を置くとして、打倒コントレイルの期待ができそうな馬を探ってみたい。

 真っ先に思い浮かぶのは今年のダービー馬シャフリヤールの存在だろう。同馬は日本ダービー(G1)で無敗二冠を目論んだエフフォーリアの野望を粉砕したほどの実力の持ち主である。

 天皇賞・秋(G1)でそのエフフォーリアがコントレイルを撃破したことを考えれば、コントレイル相手でも決して引けを取らないはず。戦前の下馬評で対抗の評価を受けているのも分かる話だ。

 ただ、シャフリヤールには負の運命を背負っている“ダービー馬”ということにマイナスイメージが付きまとう。

今年の出走馬に4世代のダービー馬が揃うことで話題となっているものの、8歳馬のマカヒキや6歳馬ワグネリアンはダービー以降に長らく低迷していた馬。主役を務めるコントレイルにしてもダービー以降に連敗している現状は決して他人事ではない。

 さらにシャフリヤールは今秋の神戸新聞杯(G2)で単勝1.8倍の大本命に支持されながらも勝ち馬から5馬身の後れを取る大敗を喫したばかり。青写真通りに一変するとは限らないだろう。

 これに対し、同じ3歳でも牝馬のユーバーレーベン(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)は、案外面白そう。

JRAジャパンC(G1)「信じる者」は救われる!? シャフリヤールより魅力、ユーバーレーベン陣営の勝負度合いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2ジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?
3【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
4武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
5ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
6ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
7ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
8ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
9「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?