NEW

パチスロ「6号機時代の新たなノーマルタイプ」に続く朗報…甘デジ新台「RUSH突入率100%」も好調の老舗メーカー激アツ情報!!

【この記事のキーワード】,
パチスロ「6号機時代の新たなノーマルタイプ」に続く朗報…甘デジ新台「RUSH突入率100%」も好調の老舗メーカー激アツ情報!!の画像1
公式HPより

 6号機時代の新たなノーマルタイプ「NewNormal 300+」を発表。老舗メーカーの西陣は、看板パチンコシリーズをモチーフにした『パチスロ 春一番』の機種サイトを公開し注目を集めている。

 ノーマルタイプをATで実現することでプレミアムな出玉感を実現。毎ゲームでボーナスをガチ抽選しており、ボーナス獲得枚数はBB約310枚、RB約105枚、PREMIUM BONUS約2000枚となっている。フリーズから始まる極頂ボーナスは、最高の興奮を与えてくれそうだ。

 ボーナス当選は業界初登場の「一番パネル」で告知(通称:パタパタ)され、その間は”1G蓮”の抽選も行われる。規定G数で発動する救済性能も搭載するなど、本機ならではの魅力が詰まった仕上がりと言えるだろう。

「新たなノーマルタイプ」の登場に期待は高まるばかりだが、同社といえばパチンコ分野での活躍が目立つ。2021年も話題作を続々と発表し、ホールを盛り上げている。

【注目記事】

パチンコ「19万発」の伝説を生んだ孤高のメーカー…「入れ損ナシ」「目に見えてストック」の激アツ新台に熱視線!!

パチスロ『ジャグラー』に関する悲しい事件…「重大なミス」を犯した役職の末路とは!?

 人気シリーズ最後の作品となる『P花満開 月光 THE FINAL』や、「1種2種×遊タイム」の最強システムを搭載した甘デジ『PモンキーターンV GC250』が導入から好稼働を実現した。

 直近では「軽い確率」「RUSH突入率100%」「優秀な遊タイム性能」と、甘い要素が揃った『P織田信奈の野望 全国版 GC250Aa』がデビュー。100%RUSH突入と安定感は健在で、RUSHの継続率は約72%を誇る。右打ち中の20%が10R約900発と、展開次第ではまとまった出玉の獲得も可能だ。

 注目の遊タイムは250G到達で「電サポ379回+残保留4回」が発動。先述したようにRUSHは時短50回転+残保留4個となるため、消化後であれば確率の2倍で遊タイムに到達と魅力的な要素を有した仕上がりと言えるだろう。今後の動向が気になるところだが…。

 この流れで同社は、スタンバイしている新機種の情報を発表。2018年1月から6月にかけて放送されていた人気アニメ作品とのタイアップ機『P刀使ノ巫女』の詳細が徐々に明らかになっている。

「同社公式Twitterアカウントにて、本機に関連する内容を発信しています。11月22日にはホール導入時期と思える『2022年2月上旬』というワードと共に『絆、ふたたび…!』とツイート。

11月24日には『大当り確率1/199.80』とスペックとみられる内容を紹介しています。最近の西陣のライトミドルは、稼働など様々な面で好調な印象。同タイプで出るのであれば、期待は高まりますね」(パチンコライター)

 6号機時代の新たなノーマルタイプ「NewNormal 300+」に続き、ファンを歓喜させる新機種を発表するのだろうか。『P刀使ノ巫女』の動向に注目したい。

パチスロ「6号機時代の新たなノーマルタイプ」に続く朗報…甘デジ新台「RUSH突入率100%」も好調の老舗メーカー激アツ情報!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合