NEW

JRA「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情

【この記事のキーワード】, ,
JRA「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情の画像1
撮影:Ruriko.I

 先日、JRAから3勝クラスに関する出走馬決定方法の変更が発表された。

 その内容とは競走内容の充実及び、より計画的な出走が可能となるよう、2勝クラス競走等と同様の出走馬決定方法を導入するというものだ。なお、成績優先馬については、「4節以内の前走3着以内馬」として実施されるとのこと。

 この度の制度変更は、以前から現場で改善を求める声が上がっていた案件だったこともあり、評価している関係者も多かったようだ。これにより、エージェントなども権利取りなどで実績のない騎手を押さえたり、ややこしい投票をしなくて済むと言っている。

 なぜなら変更前の制度では除外などの権利持ちが優先的に出走でき、残りの5枠は完全な抽選となっていたからだ。登録すれば多少なりとも滑り込める可能性があったため、出走する意思のある馬が多い時などは、まず権利を取らないと出られなかった。こういった事情があって、権利取り目的で障害騎手や若手騎手などで投票していた背景にある。

「皆さんも見た事や疑問に思った事があるでしょうが、どうして今まで騎乗した事のない障害騎手で出走しているのだろう、何で減量が利かない特別なのにわざわざ若手で投票しているのだろうと……。

これは権利がない事でリーディング上位の騎手が確保できず、使う意思はほぼないに等しいながら、とりあえず権利目的で投票したら入ってしまったパターンなんです」(某TM)

 しかし、制度変更によって、特別登録が出た時点である程度条件に照らし合わせて他馬の状況を把握できるようになったことで、出走できるかどうかの判断が可能になる。

 これにより、想定が出た段階で難しそうな馬に騎乗予定の騎手は、確実に入る馬に鞍替えする事ができるのだ。

 これまでは特に短距離路線で出走したくても出られないケースもあった。3勝クラスになると馬の適性もほぼ固まってくるため、加えて上級クラスの番組はレース数が少なく、1度除外になると次のレースまで2、3週開くことも多々……。また、逆も然りで権利を取る目的で仕上がり途上や連闘で投票して入ってしまうパターンもあるなど非常に調整が難しい状況だった。

 それが、今回の変更により、リフレッシュなどで休んでいた馬は節が多いのでまず使えるようになり、使って権利を取れなかった馬はすぐには使えないということで予定を組みやすくなったらしい。

「馬主に権利を取れなかったので1度放牧に出して、違う馬を入厩させましょうと言いやすくなりました。以前は連闘でも何でもいいから投票してくれ、なんて言われたりしましたし、投票した後には『何でこんな騎手で出走しているんだ!』なんて言われた事もありました。

その都度3勝クラスの制度の説明をして、権利を取るために仕方なく投票したら入ってしまいましたなど、理解を得るために必死に弁解することもあり大変でした。そんな報告をしなくて済むようになっただけでも随分と気持ちが楽になります」(中堅調教師)

JRA「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  4. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  5. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  6. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  9. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?
  10. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは