NEW

JRAジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?

JRAジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!? の画像1

 28日、東京競馬場では第41回ジャパンC(G1)が行われる。今年はコントレイル、シャフリヤールなどG1馬は9頭に上り、出走する18頭中17頭が重賞勝ち馬という非常に楽しみなメンバー構成となった。

 そんななか、唯一の重賞未勝利馬として出走するのが、前走で3勝クラスを勝ち上がったばかりのウインドジャマー(セン4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だ。同馬は重賞未勝利というだけでなく、なんとこれがオープン初出走でもある。

 そんなウインドジャマーを世界も注目する大舞台に送り込むのは来年2月に定年引退を迎える藤沢和師だ。

 先週のマイルCS(G1)をグランアレグリアで制し、G1通算34勝目を飾った名伯楽にとって、もちろん最後のジャパンC。引退直前のフェブラリーSまでG1レースはジャパンCを入れてあと7つ残っているが、師にとってこれがラストG1となる可能性もある。

 実績的に苦戦は免れないが、運も味方にウインドジャマーは少しでも上の着順を狙っている。

「もともとウインドジャマーは除外対象でしたが、カレンブーケドールの回避によって、繰り上がりで出走が可能となりました。次点のゴーフォザサミットも藤沢和師の管理馬なので、青葉賞(G2)勝ちの実績があるこちらを出走させる選択肢もあったと思います。それでもウインドジャマーでの参戦を決めたということは、上位に食い込むチャンスありと考えているのかもしれません」(競馬誌ライター)

 師はこれまでジャパンCに述べ21頭を出走させ、2004年にはゼンノロブロイで勝利を収めている。さらに2着1回、3着も5回を数え、複勝率は33.3%に上る。15年には準オープンを勝ったばかりのジャングルクルーズで挑み、17番人気で4着と好走。藤沢和師にとっては得意レースの一つと言えるだろう。

 藤沢和師は『スポーツ報知』の取材に、「去勢してからずいぶんと良くなった馬だからね」と3歳春に施したウインドジャマーの去勢効果に言及。「さすがに相手は強いけど、上昇度はある」と、挑戦者としての意気込みを語っている。

 明らかに格下の立場で臨むジャパンCとなるが、実はウインドジャマーは全4勝をダートで挙げているダート馬。芝ではデビューから10戦して未勝利だ。芝でも善戦はしていたが、才能を開花させたのはダート転向後。初勝利から約1年3か月でオープン入りを果たした。

 そんなウインドジャマーと少し似た境遇の馬が昨年のジャパンCに出走したことを覚えているだろうか。同じく芝未勝利でG1初挑戦を果たしたヨシオである。

JRAジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  4. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  5. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  6. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  9. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?
  10. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは