NEW

JRA京都2歳S(G3)武豊&トゥデイイズザデイに託された「深刻」な使命!? 主役コンビは“崖っぷち”三冠トレーナーの救世主となり得るか

JRA京都2歳S(G3)武豊&トゥデイイズザデイに託された「深刻」な使命!? 主役コンビは崖っぷち三冠トレーナーの救世主となり得るかの画像1
武豊騎手

 今週の土曜、阪神競馬場で行われる京都2歳S(G3)に期待のディープインパクト産駒トゥデイイズザデイ(牡2、栗東・池江泰寿厩舎)が出走する。

 前走の新馬戦では圧倒的人気に応えての逃げ切り勝ち。陣営、騎乗した武豊騎手ともにその素質を高く評価しており、重賞初挑戦となる今回も無傷の2連勝で重賞初勝利が期待される。

 しかし今回の一戦では、トゥデイイズザデイの重賞初勝利以外にも、同馬と鞍上は大事な役目を担うレースになりそうなのだ。

 池江泰寿厩舎といえば、これまでに三冠馬オルフェーブルやG1・2勝のサトノダイヤモンド、2009年に宝塚、有馬のグランプリ連覇を達成したドリームジャーニーなど、名だたる名馬を育て上げた。そして毎年の調教師リーディングでも上位に名を連ねてきたJRA通算750勝を誇る超名門厩舎である。

 06年から15年連続で重賞を勝利しており、その連続重賞勝利記録は現在も更新中と申し分ない成績を上げてきたが、なんと今年は重賞未勝利。もう今年も残り1ヶ月ということを考えると、このままでは記録が途絶える危機に瀕している。

 勝ち負けを期待できそうな馬で臨める重賞はそう多くない事を考えると、今レースに記録更新がかかると言っても過言ではなく、トゥデイイズザデイと武豊騎手のコンビに命運が託されたといってもいいほどだ。

 池江厩舎は開業3年目の06年にドリームジャーニーで朝日杯(G1)を勝利し、見事G1勝利で厩舎の重賞初勝利を飾ると、11年に父である池江泰郎調教師の管理馬を引き継ぐとその勢いはさらに加速。毎年のようにG1や重賞を勝ちまくり、常に競馬界のトップクラスで活躍し続けてきた。

 ただ、そんな名門厩舎も近年は成績が振るわず低空飛行が続く現状。昨年は15年ぶりに全国リーディングトップ10を逃すなど不振が目立っている。また、好調時には年間二桁もの重賞を勝っていたが、近年は一桁も珍しくなく、ついに今年は11月になっても未勝利なのだから只事ではない。

JRA京都2歳S(G3)武豊&トゥデイイズザデイに託された「深刻」な使命!? 主役コンビは崖っぷち三冠トレーナーの救世主となり得るかの画像2
ペルシアンナイト

 勿論、トゥデイイズザデイの他にもペルシアンナイトやジャンダルムなどもいるだけに、それらの馬が残り1か月で重賞を勝利する可能性もあるのだが、京都2歳Sのトゥデイイズザデイは優勝候補の筆頭と目されている素質馬だ。

 名門厩舎の名誉挽回と記録更新がかかった大一番。トゥデイイズザデイと武豊騎手コンビは、見事厩舎の期待に応えることが出来るだろうか。

(文=椎名佳祐)

<著者プロフィール>
 ディープインパクトの菊花賞を現地観戦し競馬にのめり込む。馬券はアドマイヤジャパン単勝勝負で直線は卒倒した。平日は地方、週末は中央競馬と競馬漬けの日々を送る。

JRA京都2歳S(G3)武豊&トゥデイイズザデイに託された「深刻」な使命!? 主役コンビは“崖っぷち”三冠トレーナーの救世主となり得るかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!