NEW

パチスロ『ジャグラー』に関する悲しい事件…「重大なミス」を犯した役職の末路とは!?

【この記事のキーワード】,

パチスロ『ジャグラー』に関する悲しい事件…「重大なミス」を犯した役職の末路とは!?の画像1

 全パチスロ5号機の撤去期日が刻一刻と迫っており、その中にはホールの主力である『ジャグラー』も当然含まれている。

 今回の話に出てくるのは、そんな『ジャグラー』の中でも屈指の人気を誇っていた『マイジャグラーⅡ』だ。

 当時、マイジャグⅡは零細店の自店においても抜群の高稼働を誇っていた。ジャグラー全32台中6台の設置で、当然の如く非常に大事な機種でもあったのだが…。

 2016年7月に「事件」は起こってしまう。

【注目記事】

パチンコ店「周りの客から嫌われる…」絶対にやってはいけない“タブー”3選! 場合によっては警察沙汰で修羅場に?

パチンコ新台「連続V入賞で9000発」の激アツ仕様…ファン長年の夢が間もなく実現!?

 事件を起こしてしまったのは、当時のパチスロ責任者。彼は「管理する」という意味では優秀で、ミスというミスも少なく他スタッフからの信望も厚かった(※ちなみに私は系列店店長)。

 そんなパチスロ責任者だった主任が、重大なミスを犯してしまう。何と「認定の申請」を忘れてしまったのだ。

 これには上司も大激怒。主任と店長が激しい叱咤を受けることに。確かに許されるミスではないし『うっかり…』では済まされないだろう。きっちり認定申請を行っていれば更に3年、2019年7月までは設置可能だったのである。

 当時5機種ほど設置していたジャグラーの中でも、平均IN枚数が一番高かったマイジャグⅡ。それだけに、これは痛いなんてものじゃないのも確かであった。マイジャグⅡ6台が、1ヶ月に稼ぎ出してくれる売上、粗利が36か月分丸々計算できないのだから…本当に大打撃なのだ。

 多少稼働は落ちていくかもしれないが、設置していれば3年間ほぼ遜色ない数字が計算できたのは間違いない。それくらい自店でも人気の機種だったのだ。

 もっといえばジャグラーの新機種がリリースされても、『大人の事情』で簡単には導入できない自店だっただけに3倍増しくらいのダメージである。実際に『マイジャグラーⅢ』の導入も叶わなかったのだ。

パチスロ『ジャグラー』に関する悲しい事件…「重大なミス」を犯した役職の末路とは!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合
  1. パチスロ「有利区間ナシで万枚」続出のモンスターマシン登場! 納得の完成度に「打ち込みたい」の声もー初打ち実戦速報―
  2. パチンコ「56分で5万発オーバー」も話題…甘デジ約1.5秒快速SPループも好スタート!!
  3. 新遊技機「スマートパチンコ」「スマートパチスロ」間もなく登場!? 気になる概要は…
  4. パチスロ「店員が電源を立ち上げると、ほどなく告知音が…」~4号機名機伝説~ 『ザンガスⅠ』後編【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.78】
  5. パチスロ新台「初当り確率が終日アップ!?」業界初の出玉ブースト機能を搭載! 5号機最後の爆裂マシン、そのシリーズ最新作がまもなく登場!
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. パチスロ新台「導入初日から万枚達成」で6号機の救世主に!? 有利区間“無視”の一撃6000枚オーバーのデータも浮上
  8. パチンコ新台「初回3000発・右ALL1500発」の激熱ライトミドルを発表! スペックにこだわるパチスロ発メーカー
  9. 甘デジ新台「10R超大当り」を搭載、老舗ブランド「人気シリーズ」最新作がまもなくデビュー!
  10. パチンコ「引き戻し=6000発」がループする爆裂CR機が撤去…激アツの時短を最後にもう一度!!
  11. パチンコ「初当りRUSH入らなくとも1500発」など激アツ要素が満載…期待鬼マックス!! 【たなみの新台の良いところ見っけ隊】