NEW

JRAジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?

【この記事のキーワード】, ,
JRAジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?の画像1
コントレイル

 いよいよ今週は、大一番ジャパンC(G1)だ。

 日本からはコントレイル(牡4)、シャフリヤール(牡3)、マカヒキ(牡8)、ワグネリアン(牡6)と4頭の日本ダービー馬が出走。さらにキセキ、ユーバーレーベン、オーソリティ、アリストテレスといった実力馬が揃い、海外からはジャパン、ブルーム、グランドグローリーが来日。

 ジョッキーもハイレベルで、C.ルメール、M.デムーロ、川田将雅、福永祐一、武豊、横山武史、戸崎圭太、池添謙一、横山典弘が参戦。そして久々の短期免許となるR.ムーア、C.デムーロの二人も来日し、まさにこの秋最大級の注目レースと言っていいだろう。

 中でも4頭の日本ダービー馬が出走するのは史上初であり、JRAの歴史においても大きな意味がある。仮に来年で4頭のダービー馬を揃えるには、このレースで引退となるコントレイルを除き、シャフリヤール、マカヒキ、ワグネリアンの3頭が来年も現役を続け、来年の日本ダービー馬が出走と極めて高いハードルとなっている。それだけにこの4頭の共演は是非目に焼き付けておきたい。

 そしてファンとしても、この4頭の“格付けチェック”は重要なポイントだ。人気上位のコントレイルとシャフリヤールはともかく、マカヒキとワグネリアンは買いかどうかを見極める必要があるだろう。

 そこでそれぞれの能力や世代レベル、過去の傾向などを比較しダービー馬ランキングを作成した。


■日本ダービーの内容

 まずは単純に日本ダービーのレース内容だ。まずはひとつの基準として検証したい。

2016年 マカヒキ 2分24秒0 33秒3(良)
2018年 ワグネリアン 2分23秒6 34秒3(良)
2020年 コントレイル 2分24秒1 34秒0(良)
2021年 シャフリヤール 2分22秒5 33秒4(良)

 馬場の違いはあるものの、シャフリヤールの2分22秒5、そして上がり33秒4は別格。2番手は上がり33秒3を記録したマカヒキの内容が良く、3番手評価は少し離れてコントレイル。最後のワグネリアンは23秒台ではあるが、上がりは18頭中6番目タイなので、あまりアピールできない。なお4頭とも父はディープインパクトで、ノースヒルズ生産のコントレイル以外の3頭はノーザンファームの生産馬だ。

△コントレイル
○マカヒキ
○シャフリヤール
×ワグネリアン


■世代レベル

 次にそれぞれの世代の強さを見てみよう。対象は各世代で有馬記念、宝塚記念、大阪杯、天皇賞・春、天皇賞・秋、ジャパンCの古馬中長距離G1レースを勝利した馬。

 まずマカヒキ世代は、サトノダイヤモンドが有馬記念、レインボーラインが天皇賞・春、ミッキーロケットが宝塚記念を勝利。ちなみに日本ダービー4着エアスピネルは来週のチャンピオンズC(G1)に出走する。

 ワグネリアン世代は、ブラストワンピースが有馬記念、フィエールマンが天皇賞・春を2連覇。

 コントレイル世代は同馬が抜けた実績だが、同馬は菊花賞を最後に3戦3敗。そして世代ナンバー2の評価を集めるサリオスは古馬G1未勝利。牝馬のレイパパレぐらいしか古馬混合G1を勝利しておらず、レベル的に疑問を感じるところ。

 最後にシャフリヤール世代は、天皇賞・秋をエフフォーリアが快勝。検証距離外のスプリンターズSをピクシーナイトが勝利するなど、マイルCSで2着のシュネルマイスターや白毛のソダシも含めて世代レベルは近年屈指といわれている。

 4頭の世代レベルを考えると、シャフリヤール世代が1番手で2番手はマカヒキ世代。そしてワグネリアン世代、コントレイル世代と続く。

×コントレイル
○マカヒキ
○シャフリヤール
△ワグネリアン

JRAジャパンC(G1)「4頭のダービー馬を格付けチェック」まさかのマカヒキ>コントレイル>>>>>シャフリヤール>超えられない壁>ワグネリアン?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配