NEW

JRA「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?

JRA「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?の画像1

 社台スタリオンステーション(SS)が2022年度の主要種牡馬の種付け料を24日、公式ホームページで発表した。

 今年度単独トップだったロードカナロアは1500万円で据え置き。代わりに1000万円から1800万円へ大幅アップを果たしたエピファネイアがトップに躍り出た。

 躍進の立役者はエフフォーリアだろう。昨年無敗の牝馬三冠に輝いたデアリングタクトに続き、皐月賞(G1)でクラシック制覇を飾ると、天皇賞・秋(G1)で並み居る強豪古馬を退けた。10年にわたって種牡馬リーディングトップに君臨したディープインパクトが天国に旅立った今、国内ナンバーワン種牡馬としての地位を固めようとしている。

 そのエピファネイアとロードカナロアに続く3番手は1000万円から1200万円にアップしたキズナである。エピファネイアとは同じ2010年生まれで、現役時代から2頭はライバル関係にあった。

 両馬は2歳から4歳時にかけて、日本ダービー(G1)など通算4度対戦し、2勝2敗の五分。引退後はともに16年から供用を開始し、種牡馬としてもしのぎを削ってきた。

 両馬の種付け料推移にもそれが現れている。

【年度別種付け料推移(16年~22年度)】
<エピファネイア>
250万→250万→250万→250万→500万→1000万→1800万
<キズナ>
250万→250万→350万→350万→600万→1000万→1200万

 上記のように、2頭は仲良く250万円からスタート。3年目にキズナが350万円で一歩リードすると、産駒のデビュー後はトントン拍子で6年目の今年度に揃って1000万円の大台に到達した。

 エピファネイア産駒は先述した“怪物”2頭に加えアリストテレスとサークルオブライフの計4頭が重賞を計8勝しているが、うち5勝がG1という勝負強さを誇る。しかし、アベレージは高いわけではなく、未勝利で終わる産駒も少なくない。野球で例えるなら一発長打はあるが、三振も多い4番打者タイプといえるだろう。

 一方、キズナはG1馬こそ先日のエリザベス女王杯(G1)を制したアカイイトだけだが、10頭が重賞を計15勝している。一発こそ少ないが、安打を量産し、高打率をマークする3番打者といったところか。

 ちなみに先週末までの1頭あたりの平均獲得賞金額を比べると、エピファネイアは1097万円、キズナは1374万円である。生産者目線で考えれば、キズナの方がリスクは低いとみていいだろう。

 さらに、初年度から多くのノーザンファーム有力繁殖牝馬に種付けしてきたエピファネイアに対して、キズナの交配相手は日高の零細牧場の繁殖牝馬も多く、エピファネイアほど恵まれていたわけではない。

 それでも今年度の1000万円横並びから来年度は一気に600万円の差がついたことには幾つかの要因がある。

JRA「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?