NEW

JRA 武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、グランアレグリア級大物を川田将雅が絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,

JRA 武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA 武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2
川田将雅騎手

JRA遅れて来た超大物を川田将雅が大絶賛! グランアレグリア級32秒8に「もっと高いステージで活躍できる」

ライター「A」:先週のマイルCS(G1)ではグランアレグリアとシュネルマイスターが素晴らしい走りを見せましたが、その“前座”となった武田尾特別(2勝クラス・芝1800m)を勝ったプログノーシスも、非常に将来性を感じさせる走りでした。

デスク「Y」:阪神の外回りとはいえ、あんな後ろの位置から楽勝だったもんなあ。最後、川田騎手流してたよ。

ライター「A」:単純な比較はできませんが、上がり3ハロン32.8秒は、マイルCSのグランアレグリアの32.7秒、シュネルマイスターの32.9秒と遜色なし。単純な切れ味だけなら、すでに重賞級と言えるかもしれません。

デスク「Y」:もともと春の毎日杯(G3)でシャフリヤールとか、グレートマジシャンに食い下がってた馬。京都新聞杯(G2)2着のルペルカーリアの1馬身前を走ってたわけだし、末恐ろしいよね。

ライター「A」:まさに遅れてきた大物という表現が、ぴったりではないでしょうか。来年が楽しみな存在であることは間違いないでしょう。川田騎手も楽しみにしてるでしょうね。

デスク「Y」:川田騎手の大物候補といえば、3連勝中のエスコーラもいるよね。こっちもサリオス、サラキアの下っていう超良血馬でしょ?

ライター「A」:そういえば、あの馬も川田騎手が主戦でしたね。未勝利戦を大差勝ちした時は度肝を抜かれましたが、その後も危なげない楽勝。競馬ぶりもレースを重ねるごとに進化していますし、こちらも非常に高い将来性がありそうです。

デスク「Y」:ファンもそうだけど、川田騎手を始めとした関係者も、この時期が一番楽しいかもね。一体、どこまで強くなるのかワクワクするし、エスコーラと同じ勝負服で挙げるならモーリスみたいに、いきなりてっぺんまで突き抜ける馬もいるわけだしね。

ライター「A」:まさに競馬の醍醐味の1つですね。プログノーシスやエスコーラと、エフフォーリアやシャフリヤールとの対決を妄想するだけでも、来年の競馬が待ち遠しいです。

デスク「Y」:キミもすっかり競馬オタクになったねえ。オレはプログノーシスとエスコーラがブッキングしたときに、川田騎手がどうするのかが楽しみだなあ(笑)。

ライター「A」:同じ競馬オタでも、デスクみたいな拗ねた競馬オタにはなりたくないです……。


JRA秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち

ライター「A」:今年の秋G1ですが、C.ルメール騎手や横山武史騎手、福永祐一騎手といった特定の騎手が、何度も馬券になっていることが話題になってます。

デスク「Y」:なんか、ファミマ「買ってはいけない」商品3選みたいなタイトルだなあ。ああいうのって気になって、ついつい見ちゃうんだよ。

ライター「A」:確かに、今までのGJにはなかったスタイルですよね。

デスク「Y」:でも確かに、この秋はルメール、横山武、福永辺りを買ってれば「まず間違いない」って雰囲気はあるよね。

ライター「A」:競馬は上手い騎手に強い馬が集まる、平等とはほど遠いスポーツですからね。上位騎手の安定ぶりは例えば、プロ野球やゴルフなんかとは比べ物にならないくらい盤石なものがあると思います。

デスク「Y」:サッカーにちょっと似てるかもね。特に海外サッカーは選手の移籍が盛んだから、強いチームに強い選手がどんどん集まって、ずっと何年も同じチームが優勝争いをしてる印象。

ライター「A」:どちらも一度できた“序列”を覆すのが難しい競技であることは間違いないですね。

デスク「Y」:でも、たまに先々週のエリザベス女王杯(G1)みたいなことが起こるから、面白いんだよね。

ライター「A」:平等ではないですが、他の騎手もノーチャンスというわけではないですからね。どの馬の関係者の皆さんも本気でレースに向かっているからこそ、流れが向かないとか、人気のある有力馬に何かあった時には出番が巡ってくる。

デスク「Y」:そうそう。勝ったアカイイトの幸英明騎手も、2着の松山弘平騎手、3着のノリさん(横山典弘騎手)も、みんな一発を狙ってた結果だよね。たまにああいうことがあるから、競馬はやめられないのよ。

ライター「A」:これで馬券の的中も伴っていれば、なお良いんですけどね……。

デスク「Y」:それは言わないお約束で……。今週もルメール騎手と横山武騎手と福永騎手から買います!(笑)

JRA 武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、グランアレグリア級大物を川田将雅が絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?