NEW

パチンコ「ALL1500発×73連」の強烈すぎる一撃…あの「14万発」マシンが今度は神業を披露!?

パチンコ「ALL1500発×73連」の強烈すぎる一撃…あの「14万発」マシンが今度は神業を披露!?の画像1

 業界のリーディングカンパニーとして第一線で活躍を続けるメーカーSANKYO。11月も同社の新台がホールを大いに盛り上げていました。

 その代表格となるのが『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2 1/77VER.』と同『1/230VER.』の2機種。特に甘デジ版となる前者の評判は上々といった印象です。

 大当り確率は1/77.7という甘デジの中でも当りやすいうえに、本機は本家と同様のゲームフローを楽しめる仕様。初当りの大半で突入する「最終決戦」は甘デジ専用演出で展開され、RUSH突入率は約51%となっています。

 ここを超えた先には「時短7回or99回+残保留4回」のシンフォギアチャンスGXへと突入。ここでのトータル継続率は約79%を誇ります。さらにその内の45%が10R大当りと、遊びやすいうえに出玉感も持ち合わせた優秀スペックです。

【注目記事】

パチンコ「確変継続率も10R大当り率も高め!」…筐体だけではなく素敵なスペックに土下座!!【たなみの新台の良いところ見っけ隊】

パチスロ新台『押忍!番長ZERO』PVに熱視線! 歴史に新たな1ページが刻まれる!!

 そして本機の武器といえばもう一つ。「遊タイム」の存在が非常に大きな役割を果たしていて、大当り間230回転ハマリで「時短290回転+残保留4回」のシンフォギアチャンスGXに突入します。RUSHに直通するパスポートとなっているだけでなく、実質次回大当りも約束されるという激アツ仕様となっているのです。

 破格の大当り確率を踏まえれば、「よくこれだけ魅力的な要素を詰め込めたな」と感心してしまうほどの激甘スペック。1000円あたりのボーダーラインを下から16~17回で紹介している媒体も多く、性能の良さが数値にも表れています。甘デジでもシンフォギア旋風が巻き起こるのか。今後の動向に注目です。

 そんなSANKYO系列といえば、ジェイビーの新台『P J-RUSH5』も同じく11月に導入されました。ライトミドルの『RSJ』とミドル『HSJ』の2スペックがありますが、どちらも「リーチの連続」が大当りを期待させるお馴染みのゲーム性を踏襲。確変と時短が織りなすドキドキの展開を味わえる仕上がりとなっています。

 往年の名機シリーズから人気のタイアップ最新作を発表し、幅広いユーザー層の心を掴んでいるSANKYO。そんな同社といえば、既にデビューしているマシンも現役バリバリで活躍しています。

 その中でも特に目立っているのが『Pフィーバー機動戦士ガンダムユニコーン』です。初当り時の20%で「3000発獲得+RUSH突入」が濃厚となる激熱フラグや、大当りを重ねることでスピードが格段に上昇する「約81%継続×ALL1500発」のRUSHを搭載した本機。10万発レベルの出玉が次々に報告され、今なお人気機種として稼働しています。

 もはや「今年のMVP候補」との呼び声も高いですが、SANKYOの注目マシンはこれだけではありません。多くのユーザーの度肝を抜いた「あの14万発マシン」がまたもや大偉業を達成!? 驚愕の出玉報告が大きな話題となっています。

パチンコ「ALL1500発×73連」の強烈すぎる一撃…あの「14万発」マシンが今度は神業を披露!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合