NEW

JRA【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!

【この記事のキーワード】, ,

JRA【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!の画像1

 今回は秋の天皇賞と並ぶ古馬G1の大一番、ジャパンC(G1)を予想していきたい。

 先週のマイルCS(G1)は掲示板に載った馬のうち、2着シュネルマイスターだけを切ってしまったという痛恨の結果……。本馬は相当に実力のある馬のようだ。その実力は再評価したいが、NHKマイルC馬は近年古馬になって頭打ちになる馬も少なくない。来年どうなるかも注目だ。

 では予想に戻ろう。

例によって、過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データが以下になる。
天皇賞・秋 17頭
秋華賞 4頭
京都大賞典 3頭
凱旋門賞 2頭
菊花賞、エリザベス女王杯、アルゼンチン共和国杯、神戸新聞杯 各1頭
となっている。

 天皇賞・秋、JC、有馬記念(G1)と続くいわゆる「古馬王道ローテーション」に乗っている馬が圧倒的に多い。意外なのは秋華賞からの3歳牝馬の活躍か。近3年は必ず馬券に絡んでいる。もっとも、そこにはアーモンドアイとデアリングタクトという2頭の3冠牝馬が含まれている。ついでに言えば、過去10年であと2回のうち、1回はやはり3冠牝馬のジェンティルドンナである。

続いて人気別のデータが以下だ。
1番人気 4-1-2-3
2番人気 1-2-3-4
3番人気 2-1-1-6
4~6番人気 3-4-2-21
7~9番人気 0-2-0-28
10番人気以下 0-0-2-72
となっている。1番人気はそれなりに期待できる数字だが、2番人気が今ひとつ。3番人気以下6番人気くらいまでが狙い目としてひとつの目安になりそうだ。日本最高賞金を誇る格式の高いG1だけに極端な人気薄は期待できないようだ。

 ちなみにこのレースの独自性でもあるが、外国馬の扱いがある。2019年は出走ゼロという異例の事態となったが、それ以外の年は出走している。もっとも過去10年で馬券に絡んだ馬は1頭もいない。一昔前と違い、格の高いG1を勝っているような一線級の馬が参戦していないのが要因だろう。

 今年に関して言うならブルームはサンクルー大賞(仏G1)を勝っており、これは近年最後に外国馬として勝利したアルカセットとの共通点となる。ジャパンも近走はもうひとつだが、インターナショナルS(英G1)を勝っている。グランドグローリーはこの2頭から1枚落ちるがG1勝ち馬ではある。

JRA【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!の画像2
コントレイル

 これらを踏まえて「◎」は2番コントレイルとする。

 前走は王道の天皇賞・秋で、グランアレグリアこそ交わしたが差し届かずの2着。ジャパンCは天皇賞馬の好走例が多いレースではあるが、一方で凡走した馬がここで激走するレースでもある。

 陣営はメイチの仕上げをアピールしつつ、テンションが上がってしまうことを懸念しており、それがレースでどう転ぶか……という必勝・確勝にはほど遠いコメントを出している。

 正直に言うと、データがどうとか陣営のコメントがどうとかはもう度外視している。レースレベルがどうだったかはともかく、まぎれもなく3冠馬だ。そして、3冠達成で引退してしまったセントライト以外のすべての3冠馬が古馬G1を勝っている事実がある。

 古馬になって思うように走れず、大敗を繰り返したミスターシービーですら、3冠の後に天皇賞・秋を勝っているのだ。本当なら負けても負けても泥臭く走ってほしいのだが、ここで引退と決まっている以上、3冠馬という栄誉を負けて汚すのは許されまい。史上最弱の3冠馬と後年言われないためにも、有終の美を飾ってほしいし、勝たねばならない。

 そんな感情論込みの「◎」である。冷静に捉えるなら「△」評価でもおかしくはないのだ。

JRA【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?