NEW

JRA武豊もベタ惚れ「世界のダート王」の忘れ形見に超プレミアの予感!? コントレイルの近親は一瞬で満口……絶好調「DMM×矢作芳人厩舎」が示した先見の明

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊もベタ惚れ「世界のダート王」の忘れ形見に超プレミアの予感!? コントレイルの近親は一瞬で満口……絶好調「DMM×矢作芳人厩舎」が示した先見の明の画像1

 27日、阪神競馬場で行われた6R・2歳新馬戦は、2番人気の米国産馬フーリッシュホビー(牝2歳、栗東・杉山佳明厩舎)が勝利。スタートでやや出遅れたものの、しっかりとデビュー戦を白星で飾った。

アロゲート産駒対決に勝ちましたね」

 レース後、杉山佳調教師がそう話した通り、フーリッシュホビーに加え、シェイリーンという2頭のアロゲート産駒が人気を分け合ったレース。鞍上の幸英明騎手も「相手はユーイチ(福永祐一騎手)だけと思っていた」と1番人気馬を意識。人気こそライバルに譲ったが、最後の一騎打ちではクビ差前に出る会心の勝利だった。

 今年はドレフォン、シルバーステート、キタサンブラックといった新種牡馬が旋風を巻き起こしているが、かつて「世界のダート王」として名を馳せた米国の新種牡馬アロゲートもまた、日本で大きな存在感を示している1頭だ。

 海外種牡馬ということもあり、現在JRAの厩舎に所属しているのは8頭に過ぎないが、今回のフーリッシュホビーを含め、3頭がデビュー戦を勝利。クビ差の接戦を演じたシェイリーンも勝ち上がりは時間の問題だろう。

 また、勝ちっぷりのインパクトも絶大だ。

 まずは産駒の日本初勝利となったジャスパーグレイトのデビュー戦は、10馬身差の圧勝というド派手なものだった。

 その後、本馬はいきなり世界の頂点に位置する米ブリーダーズCジュベナイル(G1)に挑戦。いかにも管理する森秀行調教師らしい積極果敢な海外遠征だったが、結果は10着。世界の壁には跳ね返されたものの、この経験は後に大きな糧になるはずだ。来年には米国の三冠レースに挑んでいるかもしれない。

JRA武豊もベタ惚れ「世界のダート王」の忘れ形見に超プレミアの予感!? コントレイルの近親は一瞬で満口……絶好調「DMM×矢作芳人厩舎」が示した先見の明の画像2
武豊騎手

 一方で、騎乗した武豊騎手が「本気でケンタッキーダービー(G1)へ行きたい」と惚れ込んでいるのが、アロゲート産駒2勝目を挙げたジュタロウだ。

 ジャスパーグレイトが2着に1.6秒差なら、こちらは2.4秒差をつける大差勝ち。それも出走5着馬さえタイムオーバーを食らったのだから、日本が誇るレジェンドジョッキーがベタ惚れするのも無理はないだろう。

 武豊騎手の願いが叶えば、米国三冠レースでジャスパーグレイトとの「アロゲート産駒対決」が実現するかもしれない。

「ここまでのパフォーマンスから、アロゲート産駒の日本のダート適性はかなり高そうです。海外の種牡馬のため、日本で走る産駒の数は限られるでしょうが、来年以降、日本のバイヤーの人気が高騰することはほぼ間違いないでしょうね。

ただ、惜しむらくはアロゲートが昨年すでに他界しているという点。産駒はわずか3世代しか残されておらず、そういった点でも、アロゲート人気は今後日本だけでなく世界的に高まっていく可能性があります」(競馬記者)

 記者の話からも、今後アロゲート産駒には“プレミア”がつく可能性が高く、日本のバイヤーも容易に手に入れるのが難しくなることが想定される。

 そんな中、早くも先見の明を発揮しているのが、DMMドリームクラブと矢作芳人厩舎だ。

JRA武豊もベタ惚れ「世界のダート王」の忘れ形見に超プレミアの予感!? コントレイルの近親は一瞬で満口……絶好調「DMM×矢作芳人厩舎」が示した先見の明のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  4. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  5. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  6. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  9. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?
  10. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは