NEW

JRAプリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?

【この記事のキーワード】, ,

JRAプリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?の画像1

 27日、東京競馬場で行われたキャピタルS(L、芝1600m)は、2番人気のプリンスリターン(牡4歳、栗東・加用正厩舎)が勝利。これで小倉日経オープン(OP)、ポートアイランドS(L)に続く3連勝となった。

 ゴール直後、「充実の4歳秋を迎えています!」と実況されたプリンスリターン。父ストロングリターンは6歳の安田記念(G1)でG1初制覇を飾った遅咲きのマイラーということもあって、来年のマイル戦線を賑わす1頭になりそうだ。

 しかし、この馬の場合、素直に「4歳秋に本格化」と評して良いものかどうか、少々迷うところがある。

 何故なら、プリンスリターンは2歳の朝日杯フューチュリティS(G1)で、単勝347.1倍という低評価を覆して5着に好走。頭角を現すと、3歳のシンザン記念(G3)で2着、アーリントンC(G3)でも3着と、若駒の頃から「重賞制覇は時間の問題」と言われてきた逸材だからだ。

 しかし、その後に大きく低迷。今年8月の小倉日経OPで約2年ぶりの復活勝利を挙げると、ここまで怒涛の3連勝と長い低迷期が嘘のような充実ぶりを見せている。

「こんなことは言いたくないですが、この馬の場合『騎手の差』としか言いようがない気がします。というのもデビュー戦から12戦連続で、プリンスリターンの鞍上は原田和真騎手でしたが、低迷期を脱出したきっかけになったのが、松若風馬騎手への乗り替わりでした。

小倉日経OPの勝利だけなら、松若騎手の会心の騎乗と言えるかもしれません。ただ、その後もポートアイランドSを松山弘平騎手、そして今回のキャピタルSを横山武史騎手と、それぞれ異なる騎手で勝利。そうなると、原田騎手の騎乗に足りない部分があったと考えざるを得ません。

酷な話ですが、もしかしたら、もう原田騎手はプリンスリターンには乗れないかもしれません」(競馬記者)

 2012年のデビューから約10年で、JRA通算51勝。今年ここまで、わずか1勝と苦しんでいる原田騎手にとって、オープンクラスで戦えるプリンスリターンの存在は騎手としての大きなモチベーションだったに違いない。実際に美浦所属の騎手ながら、何度も栗東までプリンスリターンの調教をつけに行くなど熱い気持ちを見せていただけに、主戦降板はこの上ないショックだったはずだ。

 しかし、自分がショックを受けるだけなら、まだよかったのかもしれない。最大の問題は、原田騎手が降板してから間もなくプリンスリターンの復活という「明確な結果」を受けた周囲の反応だろう。

JRAプリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇