NEW

JRA武豊「痛恨アクシデント」で恨み節!? 京都2歳S(G3)1番人気トゥデイイズザデイ「痛かったです」クラシックへ黄色信号

【この記事のキーワード】, ,

 27日、阪神競馬場で行われた京都2歳S(G3)は、松山弘平騎手の5番人気ジャスティンロック(牡2歳、栗東・吉岡辰弥厩舎)が3頭による熱い競り合いを制して勝利。靴小売チェーン「ABCマート」の創業者で馬主の三木正浩氏へ、初の重賞勝利をもたらした。

 その一方で、1番人気に推されながらも6着と精彩を欠いたのが、武豊騎手のトゥデイイズザデイ(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

「クラシックが見えるようなレースをしてほしいです」

 レース前、レジェンドはそう期待していたが、今回の内容ではクラシックはまだ先かもしれない。10頭立ての芝2000m内回り。デビュー戦の前走同様好スタートを決めて主導権を握りたいところだったが、ゲート内で暴れてうるさい面を見せる。武騎手が必死に宥めるも、落ち着くことはなくゲートが開いた。案の定出遅れてしまい、最後方からのレースを強いられた。

 道中も依然最後方のまま。1000m通過が1分2秒8のスローペースだが、武豊騎手の手綱は動かず。反対に同じ位置にいたジャスティンロックは3・4コーナー中間で一気に進出を開始した。

 それを見た武騎手も進出を開始しようとしたその時。ジャスティンロックの進出に驚いたのか、前を走るキャンデセントが躓くアクシデントが発生。ブレーキを踏むことになったトゥデイイズザデイは結局4コーナーを最後方で迎える。

 勝負所で動いたジャスティンロック。動けなかったトゥデイイズザデイ。

 この時点で勝負あったのかもしれない。4コーナーで先頭集団に取り付いたジャスティンロックは、直線に入ると垂れることなく内のビーアストニッシド・フィデルと追い比べに。そして残り僅かの場面で頭1つ抜けると、そのまま押し切った。

 対して勝負所でも最後方だったトゥデイイズザデイだが、直線に入り武騎手のステッキが1発、2発と入るも、これといった末脚は発揮できず。スタートからゴールまで不運が付きまとう不完全燃焼の競馬だった。

「トゥデイイズザデイ陣営にとっては残念なレースになってしまいました。デビュー戦では騎手に従順な馬という印象を受けましたが、今日は一転。ゲートの中で暴れてしまいレースになっていませんでした。

また勝負所に差し掛かったところで、前の馬が躓くアクシデントがありました。武騎手によると、この場面でハミが抜けてかからなくなってしまったそうです。抜けたことで騎手と馬のコンタクトが上手に取れず、気持ちが入らなかったのかもしれません」(競馬記者)

JRA武豊「痛恨アクシデント」で恨み節!? 京都2歳S(G3)1番人気トゥデイイズザデイ「痛かったです」クラシックへ黄色信号のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?