NEW

JRA【チャレンジC(G3)展望】未完の大器ソーヴァリアントVS 13冠ベビー・ジェラルディーナ! ハイレベル3歳世代の「最終兵器」が激突!

JRA【チャレンジC(G3)展望】未完の大器ソーヴァリアントVS 13冠ベビー・ジェラルディーナ! ハイレベル3歳世代の「最終兵器」が激突!の画像1

 12月4日、阪神競馬場では第72回チャレンジC(G3)が行われる。昨年はレイパパレが5連勝で重賞初Vを飾り、その後の大阪杯(G1)制覇につなげた。今年もここをステップに飛躍する馬は現れるか。

 近年目立つのは3歳馬の強さ。過去7年で実に5勝しており、今年もその3歳馬が中心となりそうだ。

 有力視される3歳馬の1頭が未完の大器ソーヴァリアント(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)だ。

 昨年11月にはデビュー2戦目で勝ち名乗りを受けたが、後日ソーヴァリアントの検体から禁止薬物のカフェインが検出され、「失格」処分を受けた。仕切り直してようやく勝ち上がったのは年が明けたデビュー4戦目だった。

 その直後には弥生賞(G2)に挑戦したが、のちの菊花賞馬タイトルホルダーの4着に敗れ、皐月賞(G1)の権利獲りに失敗した。その後は一息入れ、夏の札幌で始動。自己条件を2連勝して、セントライト記念(G2)に臨むと、アサマノイタズラの2着に入って菊花賞(G1)の権利を手に入れた。

 菊花賞でも有力馬の1頭に挙げられていたが、脚の筋肉疲労が抜けきれず本番を見送り。結局クラシックには出走することはできなかった。

 満を持しての復帰戦はC.ルメール騎手を配して万全を期す。初となる関西圏への輸送競馬に一抹の不安は残るが、これさえクリアすれば圧勝するシーンがあってもおかしくないだろう。“ハイレベル”3歳世代の最終兵器は古馬相手に重賞初制覇を視界に入れている。

 ソーヴァリアントが3歳牡馬の最終兵器なら、3歳牝馬のそれはジェラルディーナ(牝3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だろう。

 こちらもクラシックとは無縁だったが、その血統背景もあって誕生直後から注目を浴びてきた。父はG1・6勝のモーリス、母は同7勝のジェンティルドンナ。「13冠ベビー」は久々の重賞で素質を開花できるか。

 初勝利はデビュー3戦目の昨年11月だった。その後は阪神JF(G1)にも出走したが7着、続くエルフィンS(L)でも2番人気を大きく裏切る10着に敗れた。

 4か月半の休養を経て夏の阪神で復帰すると、初戦こそ敗れたが、7月から10月にかけて3連勝を飾った。圧巻だったのは前走の西宮S(3勝クラス)で、スタートでやや立ち遅れたが、中団後方から直線外に持ち出し、1頭だけ違う脚色で差し切った。

 騎乗した福永祐一騎手は「ワンターンの1800mは忙しいと思っていました。もっと距離を延ばしても良いと思います。強い競馬でした」と答えていたが、今回は1ハロンの距離延長、かつ外回りから内回りコースでさらにパフォーマンスを上げる可能性は高い。

 三冠牝馬の母からついに大物誕生はなるか。ジェラルディーナにとっては試金石の一戦となる。

JRA【チャレンジC(G3)展望】未完の大器ソーヴァリアントVS 13冠ベビー・ジェラルディーナ! ハイレベル3歳世代の「最終兵器」が激突!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?