NEW

JRA【チャンピオンズC(G1)展望】純白の女王ソダシがダート界に殴り込みも苦戦必至!? “連覇”狙うチュウワウィザード、カフェファラオが巻き返しへ!

JRA【チャンピオンズC(G1)展望】純白の女王ソダシがダート界に殴り込みも苦戦必至!? 連覇狙うチュウワウィザード、カフェファラオが巻き返しへ!の画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 12月5日には、中京競馬場でダート最強馬決定戦、チャンピオンズカップ(G1)が開催される。今年はあの3歳牝馬の参戦で大いに盛り上がりそうだ。

 話題を独占するのはもちろんソダシ(牝3歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。昨年末に阪神JF(G1)、今春には桜花賞(G1)を制し、デビューから芝で8戦6勝という成績を残している純白の女王である。

 今夏には札幌記念(G2)でラヴズオンリーユーを撃破し、秋華賞(G1)で2冠目が確実視されたが、まさかの10着に大敗。単勝1.9倍の圧倒的1番人気に支持されるも、最後の直線で失速してしまった。

 敗因の一つとされたのが発馬直前に顔をゲートにぶつけ、歯茎を負傷したことといわれている。レース後には出血も見られたが、中間はグラグラしていた下の前歯を抜歯しただけで済んだ。ただ繊細な牝馬だけに、その影響を引きずる可能性もゼロではないだろう。

 前走後はすぐに立て直され、今月上旬に栗東に帰厩。程なく陣営はチャンピオンズC参戦を表明した。

 血統的には初ダートでいきなり好走する可能性は高い。父クロフネは現役時代にジャパンCダート(G1・チャンピオンズCの前身)を7馬身差で快勝した怪物で、いわゆる白毛一族と呼ばれる母系もこれまでダートを主戦場とする活躍馬を多く輩出してきた。

 ただし、ソダシは札幌2歳S(G3)と桜花賞でレコード勝ちを収めるなど、芝の速い時計勝負でも結果を残してきた。ダート寄りの血統ながら芝でこれだけ好走したなら、適性の高いとされるダートならとんでもない怪物という可能性もある。

 ファンの多い馬だけに、本番でも1番人気に推される可能性は高いだろう。これまで初ダートのG1で1番人気に支持された馬は2頭いる。どちらもフェブラリーS(G1)で、2000年キングヘイローと13年カレンブラックヒルだ。押し出される形で人気を背負ったが、ともに2桁着順に惨敗している。

 対象を3番人気までに広げてみても、10年フェブラリーSに挑戦したレッドスパーダがいるが、12着とやはり人気を大きく裏切っていた。ソダシには嫌なデータといえるだろう。

 ただし、調教では抜群の動きを見せている。2週前には、栗東では初めてダートコースで追い切られ、僚馬アディラート(オープン)に楽な手応えで先着。前走大敗のダメージは微塵も感じさせなかった。

 24日には、栗東坂路で1週前追い切りをかけられ、併せたサトノアイ(3勝クラス)を4馬身追走。最後は1馬身突き放す迫力十分の内容だった。管理する須貝師は『日刊スポーツ』の取材に「あくまで挑戦者として見守って欲しい」と謙遜したが、父のジャパンCダート制覇からちょうど20年。父に続く芝ダートG1制覇は現実味を帯びている。

 そんなソダシの前に立ちはだかるのは歴戦のダートG1馬たちだ。

JRA【チャンピオンズC(G1)展望】純白の女王ソダシがダート界に殴り込みも苦戦必至!? “連覇”狙うチュウワウィザード、カフェファラオが巻き返しへ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?