NEW

JRA兄はサリオスでも「コントレイル級」の大楽勝!? C.ルメール×国枝栄厩舎コンビが送り出した良血馬サリエラが来年のニューヒロインに名乗り

【この記事のキーワード】, ,
JRA兄はサリオスでも「コントレイル級」の大楽勝!? C.ルメール×国枝栄厩舎コンビが送り出した良血馬サリエラが来年のニューヒロインに名乗りの画像1
C.ルメール騎手

 28日、東京競馬場で行われた6Rの2歳新馬(芝1800m)は、C.ルメール騎手のサリエラ(牝2、美浦・国枝栄厩舎)が優勝。半兄にサリオスがいる良血馬が圧巻のデビュー勝ちを決めた。

「いいスタートをしたからマイペースで逃げられた。R.ムーア騎手と併せてからいい脚をつかってくれました。ムチを入れるといい反応をしてくれました」

 デビュー戦を任されたリーディングジョッキーもパートナーの楽勝を好評価だ。直線で叩き合った相手はムーア騎手が操るサイルーン。単勝1.8倍の断然人気に支持されていた大本命を軽くあしらったのだから価値がある。

 これには管理する国枝師も「小柄だけどディープインパクトのいいところが出ているね。血統もいいし、どんな競馬もできそう」と手応えを掴んだようだ。

 9頭立てのレースでルメール騎手は、スローと見るやサリエラを促してハナを主張。積極的に位置を取りに行くライバルがいなかったこともあり、すんなりとマイペースに持ちこむことに成功した。

 しかし、そこは世界的な名手であるムーア騎手も楽には行かせない。外から徐々に進出し、サイルーンを2番手まで誘導する。最後の直線でサリエラに並び掛けるとここからは2頭の一騎打ち。あとは交わすだけのように見えたが、ここからがサリエラが一介の逃げ馬ではない証明なのだろう。

 残り200mでもう一伸びをするとライバルを突き放し、3馬身の差をつけて悠々とゴールしてみせた。レースがスローで流れたこともあり、勝ちタイムこそ1分47秒2と目立たないものの、3着馬が2着からさらに6馬身も置き去りにされたことは、勝ち馬の強さをより際立たせる結果となった。

「血統的にはサリオスの半妹ですが、勝ちっぷりはむしろ2年前の東スポ杯2歳S(G3・当時)を圧勝したコントレイルのようでした。

ルメール騎手と国枝厩舎といえば、アーモンドアイで一世を風靡したコンビ。牝馬ということもあり、順調なら来年のクラシックでも主役になれそうな雰囲気もあります」(競馬記者)

 この日は奇しくも無敗の三冠馬コントレイルがラストランに選んだジャパンC(G1)の開催日。歴史に名を刻んだ名馬がターフ去る日にニューヒロイン候補が登場したのも、偶然ではないかもしれない。

 ルメール騎手には牡馬のイクイノックスもいるが、牝馬のパートナーに名乗りを上げたサリエラが潜在能力で決して引けを取らないスケール感を見せた。次走も要注目の1頭だ。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA兄はサリオスでも「コントレイル級」の大楽勝!? C.ルメール×国枝栄厩舎コンビが送り出した良血馬サリエラが来年のニューヒロインに名乗りのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配