NEW

JRAジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?

【この記事のキーワード】, ,
JRAジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?の画像1
コントレイル

 28日、東京競馬場で行われたジャパンC(G1)は、1番人気のコントレイルが優勝。先週のグランアレグリアに続き、歴史的名馬が自身の引退に花を添える有終の美を飾った。

 威厳を取り戻した三冠馬の走り、そして主戦・福永祐一騎手の涙。今年のジャパンCの主役は、間違いなくコントレイルだ。充実著しいオーソリティにつけた2馬身差は、まさに格の違いといっていいだろう。

 ただ、強い日本馬がまたも上位を独占した一方で「世界の意地」を見せたのが、8番人気ながら外国馬最先着の5着に好走したグランドグローリー(牝5歳、仏・G.ビエトリーニ厩舎)だった。

「5着以内を目指したい」

 そんな謙虚なコメントを残していたグランドグローリー陣営にとっては、満足のいくレースだったかもしれない。グランドグローリーが最初に日本の競馬ファンの注目を大きく集めたのは、レースではなく直前のパドックだった。

「今日で見納めとなるコントレイルら、ジャパンC出走馬が次々と登場する中、一際注目を集めたのがグランドグローリーでした。

馬の出来栄えの良さも然ることながら、本馬をリードするアナイス・デュモン調教助手が、とても美しい方だったので驚きました。日本のパドックではまずお目にかかれないクリーム色のロングスカートに、緑のシャツといういで立ちも日本の競馬ファンの注目を大きく集めたと思いますよ。

国際レースとして、競馬に対する文化の違いが感じられた意義のある瞬間だったと思います」(競馬記者)

 実際に、ジャパンCのパドックが中継された直後、ネット上のSNSでは「グランドグローリー」が急上昇。「グランドグローリーの厩務員さん、めちゃくちゃ美人!」「お姉さんが優勝!」「服装がすごく素敵」「いかにもフランスっていう感じ」など、やはり“美人すぎる厩務員”が一際大きな注目を集めたようだ。

 そんな日本のファンのエールが届いたのか、レースでも勝ったコントレイルに次ぐ上がり3ハロン2位の末脚で、5着に健闘したグランドグローリー。賞金の3000万円は、本馬が今年G1初制覇を飾ったジャンロマネ賞の優勝賞金よりも高額ということもあって、陣営としても大健闘と受け止めているかもしれない。

 その一方で、記者は今回のジャパンC・5着という実績が「賞金以上の好影響を与えるかも」と指摘する。

JRAジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?