NEW

元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。

【この記事のキーワード】, ,
元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の奇策に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。の画像1
コントレイル

 28日、東京競馬場では第41回ジャパンC(G1)が行われ、福永祐一騎手が騎乗したコントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が1番人気に応えて有終の美を飾った。

 引退レースで大仕事を終えた福永騎手はレース直後から涙を隠さず、これにはSNSでも思わずもらい泣きしたというファンの声も多かった。

「ラストランを本当に無事終えることができて、次のキャリアに無事送り出すことができてそこが一番です」

 レース後の福永騎手のコメントからも、引退レースを勝利で終えた安堵感が伝わってきた。

 そんな断然1番人気に支持されたコントレイルに「無印」という評価を下していたのが、現役時代に騎手としてJRA通算1918勝を記録した藤田伸二氏だ。

 この日は自身のYouTubeチャンネルで天皇賞・秋(G1)以来、約1か月ぶりとなるライブ配信を行い、ジャパンCの予想と買い目を披露。また、時折視聴者からの質問にも答えながらいつも通り進行していった。

 15時に始まった配信の冒頭、藤田氏は、「思い切ってコントレイルは買っていません」と、不安材料が幾つかあることを理由として、無敗の三冠馬を買い目に入れていないことを明かした。

「藤田氏も当然コントレイルが強いことを前提に話していました。しかし、今回は『馬券を楽しみたい』というスタンスで、敢えて同馬を買い目から外して高配当を狙いにいったようですね」(競馬誌ライター)

 ただ藤田氏がコントレイルの不安材料に3つの要素を挙げたが、どれも説得力のあるものだった。

 まず挙げたのは2400mという距離への不安だ。「(前走の)天皇賞・秋の直線で最後苦しがって内にもたれていた」ことから藤田氏は、「コントレイルにとって2400mは長いんじゃないかな」と疑問を投げかけた。

 そして、2つ目の不安として挙げたのが「負けが続いている」こと。菊花賞(G1)後も好走はしているものの、「負け癖がついてしまっている」ことに疑問を呈した。

 さらに、福永騎手のお手馬であるシャフリヤールやシャドウディーヴァなどの名前を出して、「こういうとき(出走が被ったとき)は、自分が乗っていた馬に勝たれるケースが多々あるんですよ」と、元騎手としての嫌な直感を明かし、「コントレイルも絶対ではない」という結論に至ったようだ。

元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?