NEW

JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」

JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に期待ハズレだったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」の画像1
コントレイル

 28日に東京競馬場で行われたジャパンC(G1)は、1番人気のコントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が有終の美を飾る大団円で幕を閉じた。

 相手関係もあるので一概には言えないが、それでも単勝1.6倍という支持は今年の大阪杯(G1、1.8倍)や天皇賞・秋(G1、2.5倍)を上回るもの。三冠を達成した昨年の菊花賞(G1)以降、連敗が続いていたコントレイルだが、それでも多くのファンが復活勝利を信じていた証であることは間違いないだろう。

 だが、その一方で今年のジャパンCの馬券売上は約215億円。昨年よりも-21.2%、金額にして57億円も減少したことになる。

 無論、史上最強牝馬アーモンドアイに、若き無敗の三冠馬2頭が立ち向かった昨年のジャパンCは「世紀の一戦」と言われるほど特別なレースだった。そんな“伝説”と比較して、今年のジャパンCの盛り上がりが欠けたことは、コントレイルだけの責任ではないだろう。

 しかし、そのコントレイル自身が無敗を続けていた昨年ほどのカリスマ性を失っていたことは事実。57億円もの減少という事実が各メディアから報じられれば、一部のファンがコントレイルの人気に疑問を持つのも無理はない。

 そんなファン心理の根幹にあったのは、やはり過去の無敗の三冠馬シンボリルドルフ、ディープインパクトの存在だろう。

 1984年に史上初の無敗の三冠馬となったシンボリルドルフは、その後も天皇賞・春(G1)、ジャパンCに加え、有馬記念(G1)を連覇。G1・7勝を積み上げ「皇帝」と呼ばれた本馬は、長く史上最強の称号を欲しいままにした。

 そして、コントレイルの父であり、2005年に三冠馬となった「英雄」ディープインパクトもまた、天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念とG1・7勝を達成。

 結果、無敗三冠馬の「基準」はG1・7勝クラスとなり、敗れるだけで大ニュースになるような「無敵の存在」という先入観がコントレイルには課せられていた。

 言ってしまえば、コントレイルはそんなファンの期待を裏切ってしまったのだ。期待が大きければ大きいほど、裏切られた際の反動も大きくなる。連敗が続く中、コントレイルに浴びせられたバッシングは相当なものだったに違いない。

 しかし、コントレイルは本当に期待外れな「不人気な馬」だったのだろうか。

JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?