NEW

JRA R.ムーアが出廷する「落馬」事故とは? 発生当時は日本にいて無関係…驚きの出廷「理由」とは

【この記事のキーワード】, ,
JRA R.ムーアが出廷する「落馬」事故とは? 発生当時は日本にいて無関係…驚きの出廷「理由」とはの画像1
R.ムーア騎手

 短期免許を取得して年末まで日本国内で騎乗する方針だったR.ムーア騎手が、免許取得の申請を取り下げたことが分かった。

 同騎手はジャパンC(G1)招待騎手として27、28日に東京競馬場で騎乗。その後は日本に留まって、今年一杯騎乗する予定だった。そのため騎乗予定だったチャンピオンズC(G1)のエアスピネルや、ステイヤーズS(G2)のカウディーリョといった馬へ騎乗が出来なくなるなど、競馬関係者を中心に大きな影響を与えているようだ。

 申請を取り下げた理由について、JRAはムーア騎手の母国であるイギリスで2016年に発生した落馬事故に関する裁判へ、証人として出廷する必要があるからだと説明している。『スポーツ報知』によると、ムーア騎手はリモートで出廷可能と認識していたが、裁判所から直接の出廷を求められたという。

 ムーア騎手が出廷する裁判で扱われる落馬事故は、16年10月31日にイギリスのケンプトンパーク競馬場で発生した多重落馬事故であると、イギリスの競馬サイト『レーシングポスト』が伝えている。

 この落馬事故は最終コーナーを回る際に発生。4名の騎手が巻き込まれており、その1人のフレディ・ティリキ元騎手が下半身不随の大怪我を負った。

 ティリキ元騎手は当時30歳で、この年にスピーディボーディングとのコンビで初のG1勝利をするなど、騎手として軌道に乗った矢先の出来事だった。

 そして、今回の裁判の原告がティリキ元騎手である。原告側は落馬事故の原因は当該レースで騎乗していたグラハム・ギボンズ騎手による危険な騎乗が原因として、ギボンズ騎手へ損害賠償を請求している。

 裁判の焦点として挙げられるのが、ギボンズ騎手の騎乗が原因で発生したのかという点だろう。危険騎乗が認められることになれば、賠償請求も認められる可能性が高い。しかしイギリスでは似た事例で裁判が行われたことがあるが、その際は落馬負傷した原告側が敗訴したため、ティリキ元騎手も同様に難航するかもしれない。

 そこでティリキ元騎手側が用意した切り札がムーア騎手である。事故発生当時は日本にいて無関係のムーア騎手だが、原告側の専門家証人として出廷する。

 専門家証人とは、自身の知識や与えられた情報に基づき見解を証言する証人のことを指す。日本の裁判では鑑定人に当たる。

 ムーア騎手は世界各国のG1レースを制し、自国で何度もリーディングジョッキーに輝いたトップジョッキーだ。落馬事故という難しい裁判の専門家証人にうってつけの人物とも言えるだろう。

 ムーア騎手は希望していた日本での騎乗を蹴って、仲間の騎手のために法廷に立つということになる。ムーア騎手の人間性に敬意を表すとともに、無事に公正な判決が下されることを祈りたい。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA R.ムーアが出廷する「落馬」事故とは? 発生当時は日本にいて無関係…驚きの出廷「理由」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配