NEW

JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体

【この記事のキーワード】, ,
JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランにアンチが生まれた違和感の正体の画像1
コントレイル

 先週末、東京競馬場で開催されたジャパンC(G1)は、福永祐一騎手の1番人気コントレイル(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝。昨年、父ディープインパクト以来となる無敗の三冠を達成した名馬が、現役最後のレースで有終の美を飾った。

 21日のマイルCS(G1)では、同じくラストランだったグランアレグリアが勝利。2週連続で歴史的名馬が、勝利という最高の結果を残したことは競馬ファンの大きな感動を呼んだことだろう。

「今までの2年2カ月は夢のような時間でした。今までのジョッキー人生のすべてをあの馬に注ぎ込みました」

 レース後、そう振り返った福永騎手のコメントからも、最愛のパートナーとの出会いに感謝する気持ちが伝わる。大多数のファンは感極まって号泣した福永騎手の姿に共感し、ネットの掲示板やSNSではもらい泣きしたという声も出ていた。

 そして、単勝オッズ1.6倍という断然人気に応えたコントレイルの走りもまた、三冠馬として恥じることのない見事なものだった。少なくとも今年のジャパンCは、いくらかの語弊はあれども「コントレイルの、コントレイルによる、コントレイルのため」のレースだったともいえるかもしれない。

 しかし、そんな感動のラストランでも一部のファンは快く思わなかったようだ。

 受け取り方は人それぞれということは否定できないが、どんなに素晴らしい結果を残した人や馬でもファンのすべてが味方という訳でもないのは、特別今になってのことでもない。こちらについては与党がいれば野党がいるのと似たような構造といえるだろう。

 ちなみに“言いがかり”をつけられた矛先は、ジャパンCにおけるコントレイルにとっての追い風となった幾つかの結果論が対象だったらしい。

 まずは1枠1番に入った天皇賞・秋(G1)に続いてジャパンCでも1枠2番だったことだ。前走はゲートでもたついたことで、スタート直後のポジション争いで後手を踏んでしまい、陣営も敗因の一つとして分析していた。

 再び絶好枠を引き当てた上に、今回は後入れの偶数番ということなし。矢作師は「神様に気に入られた馬なんだな」とコントレイルが持って生まれた運に感心し、「1と2とでは違う。やっぱり偶数というのがね」と喜んだ。

 レースでは、積極的に行く馬がいないメンバー構成を逆手に取った横山武史騎手がアリストテレスで逃げの手に出る奇策を敢行。前半3ハロンは37秒0、1000m通過も62秒2のスローペースにまんまと落とし、マイペースに持ち込んだと思った矢先、後方から一気にマクったキセキがペースを上げた。ここでペースが上がったことは、中団に待機していたコントレイルにとっても助かった。

 また、文句なしの勝利とはいえ勝ちタイムは2分24秒7と平凡。同日に行われた芝2000m戦でレコードが出ていた高速馬場としては物足りなさもあったということだろう。

JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  4. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  5. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  6. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  9. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?
  10. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは