NEW

JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々

【この記事のキーワード】, ,

JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々の画像1

 12月1日、船橋競馬場で牝馬限定のダートグレード競走・クイーン賞(G3)が行われる。ダート1800mを舞台に今年は JRAから4頭、地方から10頭の計14頭で争われる。

 なかでも注目したいのは、前走のJBCレディスクラシック(G1)で3着に好走したリネンファッション(牝4歳、栗東・坂口智康厩舎)だ。

 4走前に3勝クラスを勝利してオープンへ昇級を果たすと、近3戦は牝馬限定の交流重賞を続けて使われて、2着2回、3着1回と安定した成績を残している。特に2走前のブリーダーズGC(G3)では、後に米国G1のBCディスタフを勝利するマルシュロレーヌ相手に1/2馬身差の2着と健闘したことは、地力強化の証だろう。

 そのリネンファッションの活躍を支えているのが、オープン昇級後に3戦連続で騎乗している武豊騎手だ。3勝クラスに在籍していた時も1度タッグを組んだことがあり、その時も2着。あと一歩のところで勝利には手が届いていないが、ここまで4回騎乗して2着3回と好成績を収めている。

 自身と相性の良いパートナーについて武騎手は自身のオフィシャルサイト『Take a Chance!』で「惜敗が続いています」と、同馬の歯がゆい成績に触れた上で、「いつかはこの馬で重賞を獲れるんじゃないかな」と、高く評価している。

JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々の画像2
武豊騎手

 それゆえ当然今回もリネンファッションへ騎乗すると思われたが……。意外にも武騎手はリネンファッションではなく、ウェルドーン(牝3歳、栗東・角田晃一厩舎)に騎乗を予定しているというのだ。

「リネンファッションの前走は大きく出遅れて、道中で2番手へ位置を取りに脚を使う厳しい競馬でした。それでも3着に粘っており、地力の高い馬だなと思いました。そのため、今回も武騎手が乗るとばかり思っていましたが……」(競馬誌ライター)

 武騎手が選んだウェルドーンは今年6月に行われた関東オークス(G2)を制しており、こちらも勝ち負けを期待できそうな実力馬。勝利時には「まだまだ伸びしろたっぷりある馬だと思うので、今後が楽しみな馬ですね」と、振り返っていたようにリネンファッションと甲乙つけ難い実力の持ち主だ。

「近走のウェルドーンに藤岡佑介騎手が騎乗する際は、決まって武騎手に他レースへの予定があったときですね。4走前の鳳雛Sは武騎手がクールキャットで臨んだオークスの裏開催でしたし、前走は武騎手が凱旋門賞へ騎乗したことによる待機期間内に行われました。

武騎手はリネンファッションの能力も認めていますが、年齢的にもまだ3歳と若いウェルドーンの方に伸びしろを感じているのかもしれません」(同)

 一方、武騎手に“フラれた”格好のリネンファッションだが、今回は鞍上にC.ルメール騎手を迎える予定とのこと。JRAリーディング独走中で、ジャパンCウィークに騎乗機会6連勝含む9勝を挙げた名手が騎乗するのならば、武騎手でも成し遂げられなかった重賞初勝利もあるかもしれない。

 果たして、武騎手の判断は吉と出るか凶と出るか。答え合わせとなるクイーン賞の結果を楽しみに待ちたい。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  4. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  5. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  6. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  9. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?
  10. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは