NEW

JRA昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの“忘れ物”の行方

【この記事のキーワード】, ,
JRA昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの忘れ物の行方の画像1
アーモンドアイ

 ラストランを迎えたコントレイルが有終の美を飾った先週のジャパンC(G1)も終了し、今週から中央競馬は12月に突入。各メディアでも有馬記念(G1)に触れた内容も増え、いよいよ今年も終盤が近づきつつあることを意識する時期になった。

 年内の中央競馬開催もラスト1ヶ月となったため、そろそろ気になり始めるのが今年の年度代表馬争いの行方である。ちなみに昨年の年度代表馬に選出されたのは、9冠馬の女傑アーモンドアイだった。

 それも先述のコントレイルがほぼ手中に収めていた状況からの大逆転で選ばれたことは記憶に新しい。

 実際、コントレイルとアーモンドアイとの間には、ジャパンCまでの間に決定的な差があった。過去、牡馬の三冠馬は衆目一致で年度代表馬に選ばれるケースがほとんどだったため、何事もなければ父ディープインパクト以来となる無敗の三冠を達成した同馬が選ばれた可能性が高い。

 春のアーモンドアイは、牝馬限定のヴィクトリアマイル(G1)で挙げた1勝のみ。しかも安田記念(G1)でグランアレグリアに完敗を喫して2着と精彩を欠いていた。秋に天皇賞を制したとはいえ、インパクトで劣る。これに対し、菊花賞(G1)も制して無敗の三冠まで達成したコントレイルの圧倒的有利は火を見るより明らかだった。

 ただ、現役最強の座を狙うにはアーモンドアイを倒したという勲章は何よりも箔がつくだけでなく、三冠馬3頭が激突する世紀の対決を望むファンの声も陣営の背中を後押ししたかもしれない。

 そして香港C(G1)に向かうことが濃厚と考えられていたアーモンドアイ陣営が、ジャパンC参戦を表明したことでファンの夢はついに現実のものとなる。

JRA昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの忘れ物の行方の画像2
コントレイル

 しかし、コントレイルは同年に牝馬の無敗三冠に輝いたデアリングタクトとともに挑んだものの、アーモンドアイに返り討ちに遭ってしまった。この直接対決での敗戦が年度代表馬に選ばれなかった原因となったのは、おそらく間違いないだろう。

「選考の基準として重視されるのが、直接対決の結果です。ただでさえ、同年に牡牝の無敗三冠馬が誕生した記録的な年でもありましたが、アーモンドアイが2頭をまとめて負かしたことにより、これが決定打となったのでしょう。

もしジャパンCでの対決が実現しなければ、コントレイルの年度代表馬が濃厚だったと思いますが、それはあくまで結果論。むしろファンの見たいレースに応えた各陣営に敬意を表したいです」(競馬記者)

 昨年、大きな盛り上がりを見せたこの年度代表馬争いだが、今年はまさに混迷の様相を呈している。

 G1レースを2勝したエフフォーリアが他馬をリードしているとはいえ、出走を予定している有馬記念で敗れるようだと一気に分からなくなる。直接対決を重視すれば、クロノジェネシスが有馬記念を勝利するとこちらが優勢か。さらに白毛のアイドル・ソダシもチャンピオンズC(G1)の結果次第でまだまだチャンスが残っているだろう。

 はたして、コントレイルが手に入れることができなかった忘れ物を今年手にするのは、一体どの馬だろうか。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの“忘れ物”の行方のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配