NEW

JRA 川田将雅「どんな状況でも行きます」ラウズオンリーユー愛に偽りなし、関係者公認カップルの逃避行を後押しした決め手

【この記事のキーワード】, ,
JRA 川田将雅「どんな状況でも行きます」ラウズオンリーユー愛に偽りなし、関係者公認カップルの逃避行を後押しした決め手の画像1
ラヴズオンリーユー

 阪神競馬場で阪神JF(G1)が行われる12日、シャティン競馬場では香港国際競走が開催される。今年も多くの日本馬が、4つのG1競走へ出走する見込みだ。

 なかでも注目は、芝2000mで争われる香港カップ(G1)がラストランとなるラヴズオンリーユー(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎)だろう。

 今年の京都記念(G2)で19年オークス(G1)以来の勝利を掴むと、ドバイシーマクラシック(G1)3着を挟んで挑んだクイーンエリザベス2世C(G1)で約2年ぶりのG1勝利。そして、前走のブリーダーズCフィリー&メアターフ(G1)を快勝して、日本競馬史上初のブリーダーズC優勝を成し遂げた。

 引退レースながら今が1番のピークを感じさせる5歳牝馬に騎乗するのは、前走も騎乗した川田将雅騎手だ。前走勝利に導いた相思相愛のコンビは、妥当な選出と思われるが、今回ばかりは鞍上選びにちょっとしたトラブルがあったそうだ。

 原因となったのは、新型コロナウイルスの変異株のオミクロン株である。日本政府は世界中で発生確認されているこの新種のウイルスの蔓延を防止するため、水際対策を強化。これにより、ようやく緩和されつつあった帰国者の隔離期間が、再び14日間へ延長されることになった。

 オミクロン株が発生していなければ、香港からの帰国者は3日間で隔離期間が終了するため、年末の有馬記念(G1)や翌週の朝日杯FS(G1)も騎乗可能なはずだった。しかし隔離期間の延長に伴い、香港へ渡航することはイコール朝日杯FS・有馬記念に騎乗ができないということにもなる。

 川田騎手は現在JRAリーディング2位のトップジョッキーで、朝日杯FSへ出走するダノンスコーピオンをはじめ多くの馬へ騎乗する予定だった。川田騎手は日本へ残って多数の馬へ騎乗するか、ほとんどの予定をキャンセルしてラウズオンリーユーを選ぶ二択が迫られた。そして、川田騎手は後者を選択した。

JRA 川田将雅「どんな状況でも行きます」ラウズオンリーユー愛に偽りなし、関係者公認カップルの逃避行を後押しした決め手の画像2
川田将雅騎手

 その理由について川田騎手は馬主の『DMMドリームクラブ』を通じて「どんな状況であってもラウズオンリーユーに乗れるなら香港に行くという気持ちに迷いはありません。ラウズは僕の夢を叶えてくれた馬です。乗れるならどんな状況でも行きます」と、パートナーへの熱い想いを発表した。また、ダノンスコーピオンなどの騎乗をキャンセルする件については「ご迷惑をかける方全てに直接経緯を説明して納得してもらいました。全ての方に良かったと言ってもらえるように全力で勝ちにいきます」と、関係者から理解を得られたことも発表した。

 川田騎手はラウズオンリーユーの今年5戦のうち3戦騎乗している。騎乗できなかった2戦は、ともに新型コロナが猛威をふるっていた春先の海外でのレースだ。トップジョッキーで騎乗依頼の多い川田騎手にとって、その2戦はどうしても騎乗を断念せざるを得なかった。

 そんな中、今回川田騎手が断りを入れた関係者が香港行きを認めたのは、ラウズオンリーユーがブリーダーズCを制する快挙を成し遂げたからではないだろうか。ファンのみならず関係者までもがブリーダーズC勝利に沸き立ったからこそ、「最後も川田騎手で」という気持ちになったと思われる。

 果たして、川田騎手は異国の地で再び満面の笑みを浮かべてハートマークを作ることができるだろうか。お熱いカップルのラストバカンスが無事に終わることを願いたい。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA 川田将雅「どんな状況でも行きます」ラウズオンリーユー愛に偽りなし、関係者公認カップルの逃避行を後押しした決め手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  4. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  5. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  6. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  7. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. JRA岩田康誠「騎手が下手くそ」格下相手の惜敗に自虐節!? 七夕賞(G3)武豊がG1馬に導いた逸材が復活の兆しを示した分岐点