NEW

チャンピオンズC(G1)JRAの「手のひら返し」にソダシが大ピンチ、ダートは問題なしの「先入観」が命取りの決定打?

【この記事のキーワード】, ,
チャンピオンズC(G1)JRAの「手のひら返し」にソダシが大ピンチ、ダートは問題なしの「先入観」が命取りの決定打?の画像1
ソダシ

 5日、中京競馬場ではダートの頂上決戦・チャンピオンズC(G1)が開催される。昨年の覇者チュウワウィザードの出走はあれども、それから4戦して1年未勝利。6月の帝王賞(G1)を制したテーオーケインズや、上がり馬サンライズホープの参戦はあれども、それほど華のある馬は揃わないことが濃厚だった。

 そんな今年のチャンピオンズCが、これほどまでに大きな注目を集めることとなったのは、白毛馬ソダシ(牝3、栗東・須貝尚介厩舎)が参戦を表明したからだ。デビューから無傷の5連勝で桜の女王に輝いたアイドルホースの初ダート挑戦は、レースを大いに盛り上げてくれるに違いない。

 しかし、この挑戦は必ずしもファンや陣営の期待通りの結果とならない可能性も考えられる。

 勿論、血統的な背景からソダシのダート適性を疑う声が少ないことも確かだ。管理する須貝師は「ダートは合っている」、主戦の吉田隼人騎手も「一度使ってみたかった」と陣営も前向きなコメント。1800mという距離も、54キロの斤量で走れることも好材料という訳だ。

 そもそも祖母シラユキヒメから続く牝系はダート血統といっていい。母ブチコもダートで活躍しただけでなく、ダート交流重賞で3勝したユキチャン、19年のレパードS馬ハヤヤッコ、ダートで3連勝中のダノンハーロックなど、ダートを得意とする近親も多い。

 さらにソダシの父であるクロフネが、現役時代に芝のNHKマイルC(G1)、ジャパンCダート(G1・チャンピオンズCの前身)を7馬身差で圧勝したことも考えると、娘のソダシにも二刀流でのG1制覇を望む声が出たのは当然といえる。

 一方で、誰もがそう信じて疑わないことこそが、かえって危うさを生むと考えられないだろうか。

 デビュー前のソダシの走りを見た須貝師は、血統的にダートが合うであろう馬を芝のレースに使う柔軟さを見せた。そして、ソダシも陣営の期待を大幅に上回り、札幌2歳S(G3)や桜花賞(G1)でスピード負けをするどころか、レコード勝ちをするほどの大活躍をして予想を「いい意味」で裏切った。

 言ってしまえば、これらは陣営からすれば「嬉しい誤算」なのだ。

 だが、見方によっては、実はダートよりも芝でこその馬だった可能性も捨て切れない。

チャンピオンズC(G1)JRAの「手のひら返し」にソダシが大ピンチ、ダートは問題なしの「先入観」が命取りの決定打?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  3. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは
  4. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  5. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  6. JRA「6馬身差」レコード勝ちはイクイノックス以上!? 「知らなきゃ損」の密かな出世レースに超大物候補が満を持して登場!
  7. JRA「僕のお気に入り」武豊が惚れ込んだ怪物が古馬になって本領発揮!? 復帰初戦はレジェンドの「相馬眼」にかけて負けられない戦いか
  8. JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とは
  9. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  10. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁