NEW

パチンコ店「高稼働時の注意事項3選」…大胆不敵な犯行を行う極悪人も!?

【この記事のキーワード】,

パチンコ店「高稼働時の注意事項3選」…大胆不敵な犯行を行う極悪人も!?の画像1

 元パチンコ店店員「ミリオン銀次」でございます。

 先日、忙しくなった状況におけるミスを紹介させていただきました。人は冷静な判断ができなくなった時に、大きなミスを犯してしまうもの。私の場合は、隣のお客様の別積みされたドル箱も全てジェットに流してしまうという…大失態を犯してしまったのでした。心の優しいお客様で笑って許していただけたのですが、今でも申し訳ない気持ちで一杯でございます。

 何故あのような失態を紹介したかと申しますと、「ホール店員のミス」によって思わぬ事態が起きてしまう可能性もあるということをお伝えしたかったからです。皆様にも、交換する際は気を付けていただきたいということだったのですが…。

 今回お話させていただくのは、ホールが混み合っている状況で気をつけていただきたい内容です。好稼働に乗じて悪事を企てる輩が現れるケースもあるのです。

【注目記事】

パチスロ「強烈なボーナス連チャン」一撃万枚も狙える看板シリーズ機がまもなく撤去…

パチスロ新台「シリーズ最速の純増スピード」2400枚確定の“自力激アツゾーン”も搭載した大人気シリーズ最新作!-新台分析パチスロ編

 ちょっとした気の緩みが原因で、思わぬ被害に遭ってしまう…そんな可能性もゼロではありません。私がホール店員時代の実体験をもとに、好稼働のパチンコ店で「注意するべき3点」をご紹介したいと思います。

【ちょっとの油断が命取り!?】

 ホールには遊技目的ではなく、窃盗するためだけに来店する不届き者も少なからずいます。実際に、私が勤めていたホールではこのような事例が何回か体験したことがあります。

 特に印象に残っているのはサンドのICカード泥棒。お客様がジュースを買いにいった一瞬の隙をついて、残高7000円のICカードが盗まれるというケースがありました。

 カメラで確認してみると、犯人はレストコーナーで待機→数分後にホール徘徊という行為を繰り返している姿を確認。その目線は台ではなく、常にサンドへ向けられていたのです。

 このように台を打つ気配もなく、ただただホール内を徘徊するという人物がいたら注意が必要。もちろん打つ台がなくて探し回っている人もいると思いますが、席を離れる際には財布やICカードなどの貴重品は持ち歩くようにするのが最善といえるでしょう。

 こういった事例が起きるのは好稼働の日が多かった印象です。ターゲットが多く、ホール店員も対応に追われているため監視の目が届きにくい状況。悪事を企てる輩にとっては、かっこうの狙い目となっているのかもしれません。

パチンコ店「高稼働時の注意事項3選」…大胆不敵な犯行を行う極悪人も!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合