NEW

パチンコ店「高稼働時の注意事項3選」…大胆不敵な犯行を行う極悪人も!?

【この記事のキーワード】,

パチンコ店「高稼働時の注意事項3選」…大胆不敵な犯行を行う極悪人も!?の画像2

 話を聞いてみると一人のお客様は「こいつが打っていた台を横取りした」と怒り心頭な様子。「台に残していた出玉も勝手に使われた」というのです。

 事実だとすれば許されることではありません。しかしながら、この時点で判断するのは軽率。当然、相手からも事情を伺わなければなりません。その方を落ち着かせるように、言葉を選びながら丁寧に質問したのでした。

 すると、その方から発せられたのは「ありもしない言い掛かりをつけられている」という言葉。「あのオッサン絶対勘違いしている」と、苛立ちを隠せない様子で私に訴えてきたのです。

 どちらかが嘘をついているのか。それとも…。

 とりあえず現時点ではどちらの主張が正しいかは判断がつかないので、私は慎重に対応を進めることにしました。このままだと殴りかかりそうな勢いだったため、お二方をセーフティな距離へ引き離しつつカメラ確認を行うことにしたのです。

 すると、驚愕の事実が…。

 なんと「横取りされた」と主張するお客様の台は、隣の島であることが判明したのです。

 私は直ぐに現場へ戻ってお2人へ真相を説明しました。早とちりだったと気づいたお客様から怒りは消え、「本当にゴメンなさい」と深く謝罪。相手の方も最初は納得できない様子でしたが、続けられる謝罪に興奮は収まっていったようでした。

 最終的には「もう。気をつけてよ」と、許してくださり一件落着となったのです。あのままの状態だったら警察への連絡も考えたかもしれないので、心から安堵したことを覚えています。

 こういったケースは非常に珍しいですが、高稼働であれば多くのお客様と同じ空間を共有します。すると本件のような争いが起こることも…思いもよらぬトラブルに巻き込まれる可能性もあるということです。その際はいち早くスタッフを呼ぶのが最善の手段と言えるでしょう。

(文=ミリオン銀次)

<著者プロフィール>
 ホール店員・雀荘店員といった職種を経験。それらを活かし、ライターとして活動中。特に力を入れているのはパチンコ・パチスロ分野で、自身の遊技体験やホール店員時代のエピソードを中心にしたコラムを執筆している。パチンコ・パチスロ歴は10年以上で「打ちたい台をトコトン打つ」がモットー。結果として、目も当てられない大敗を多く経験。「悲惨なエピソードも明るく紹介したい」といった拘りを持つ。

パチンコ店「高稼働時の注意事項3選」…大胆不敵な犯行を行う極悪人も!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合