NEW

JRAコントレイル矢作芳人調教師「試験不合格13回」泥沼の過去…「逮捕されてたらアウトだった」開成出身エリートの裏にあった停学、警察事情聴取【再掲】

【この記事のキーワード】, ,
JRAコントレイル矢作芳人調教師「試験不合格13回」泥沼の過去…「逮捕されてたらアウトだった」開成出身エリートの裏にあった停学、警察事情聴取の画像1
コントレイル

 先週、史上3頭目となる無敗の三冠馬コントレイルでジャパンC(G1)を勝利し、見事に管理馬の有終の美を飾った矢作芳人調教師。

 他にも、先月は米国競馬の祭典ブリーダーズCにて、マルシュロレーヌがディスタフ(G1)を、ラヴズオンリーユーがフィリー&メアターフ(G1)をそれぞれ勝利するなど、今日本が世界に誇る名伯楽といえば、間違いなく「矢作芳人」だろう。

 充実したラインナップは勝ち星にも表れ、今年ここまで49勝は調教師リーディング2位。首位の中内田充正厩舎とは、わずか2勝差であり、2年連続のリーディングも十分に視野に入っている。

 日本一の東大進学率を誇る超名門・開成高校を卒業し、オーストラリアへ1年間の研修。そして頭脳派・調教師として華々しく厩舎開業――。これだけを見ると、矢作調教師はまさにエリート街道を邁進してきたように見える。

 だが、その水面下ではやんちゃ坊主が、ギリギリの“綱渡り”をしてきた人生があるようだ。

「どうしようもない生徒」だった――。

 これはJRA機関誌『優駿』2020年10月号のインタビューで矢作調教師が、自らの学生時代を振り返った言葉だ。東大が既定路線とさえ言われる開成高校に入学しながらも勉強はせず、学生の“悪いこと”を一通りやったという矢作氏。東大も受験したようだが、当然のように不合格だったようだ。

 さらにオーストラリアでの研修後、調教師になるためにJRAの競馬学校に入学した矢作氏だったが、学科はほぼ満点、馬の騎乗も問題なかった一方、生活態度が最悪の評価だったという。「職員をひっぱたいちゃった」と退学は免れたものの、停学処分を受けた過去を振り返っている。

 まだまだ“矢作武勇伝”は終わらない。その後、競馬の世界に飛び込むことになった矢作氏だが、JRAの調教師試験を合格したのは、それから20年後というから驚きだ。

 一般人からすれば合格率10%未満と「非常にハードルが高い」と言われる調教師試験だが、それでも開成出身の矢作氏にとって勉強は、まさに十八番。本来なら、一発合格も夢ではなかったはずだ。

 しかし、受験すること実に13回……落ちて、落ちて落ちまくった裏には、ある「事情」があったようだ。

JRAコントレイル矢作芳人調教師「試験不合格13回」泥沼の過去…「逮捕されてたらアウトだった」開成出身エリートの裏にあった停学、警察事情聴取【再掲】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  5. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  6. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  9. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  10. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?