NEW

JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!

JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!の画像1

 今回は秋のダート王決定戦、チャンピオンズC(G1)を予想していきたい。

 先週のジャパンC(G1)は、実に順当な結果に収まった。3着に来たシャフリヤールは予想で切ってしまったが、来たら来たでごめんなさい、のつもりで敢えて外した。そういう意味ではやっぱり来たか、というところだ。それより、個人的にはコントレイルが史上最弱の3冠馬にならずに済んで何よりだった。

 さて、予想に入りたい。

いつものように過去10年で馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていこう。
JBCクラシック 10頭
みやこS  8頭
マイルCS南部杯 5頭
武蔵野S  3頭
エルムS、日本テレビ盃、JBCレディスクラシック、JBCスプリント 各1頭
となっている。今年は中4週となっているが、程よい間隔が空くことと、格付けがG1ということもあってJBC組が最多。ついで似たようなレース間隔となる、みやこSからの転戦馬が多い。

 ダート戦に関して、必ずつきまとうのが地方交流重賞についてどう見るか、という点だが、これに関してはデータ的に見る分には地方・中央に差はない。単にどのレースを使ってきたかという事実があれば、レースレベルの高低は問題にならない。

続いて人気別の成績を見てみよう。
1番人気 2−3−1−4
2番人気 2−0−1−7
3番人気 1−3−3−3
4〜6番人気 3−2−1−24
7〜9番人気 1−2−2−25
10番人気以下 1−0−2−64
人気の有無で突出して好成績を挙げている感じがない。複勝率でいうと1番人気と3番人気が断然なのだが、連対率となるともう完全にどんぐりの背比べ。近5年に絞ると1番人気【1−3−0−2】、2番人気【1−0−0−4】、3番人気【0−1−2−2】と、2番人気がとにかく冴えない。

 これを踏まえて「◎」は6番テーオーケインズとする。

 前走はJBCクラシック(G1)で1番人気を背負ったものの、先行したミューチャリーを捉え切れず、さらにオメガパフューム、チュウワウィザードに交わされての4着に終わっている。

 これだけ見ると、先着したチュウワウィザードに分がありそうだが、そのチュウワウィザードには帝王賞(G1)で勝っており、前走は休み明け初戦で走り慣れない金沢のコースだったということは割引で考えられる。

 3連勝したのがいずれも重・不良馬場だったということで、足抜きが良くなる道悪向きと見えなくもないが、良馬場でも勝利を挙げているほか、同コースで勝利していることもポイントが高い。ここで交流G1に続いて中央のG1制覇があっても不思議はない。

 続いて「○」は15番メイショウハリオを挙げる。

 前走は5番人気で臨んだみやこS(G3)。アナザートゥルースの逃げがはまって、逃げ粘るかというところを後方から追い込み、同じく追い込んできたロードブレスを抑えての勝利だった。

 上述のデータの通り、みやこS組はJBCクラシック組に続いて2番目にローテーションとしての実績がある。そこを勝っている上、4走前まで遡っても連対率100%で来ているなど、実績的には十分。にもかかわらず、みやこSもそうだったが何故か人気がない。

 今回も実績の割に人気にならないのが間違いなさそうなだけに、狙い目の1頭と言える。相手関係が強化されるのは事実だが、同じローテーションで参戦していて、負けているにもかかわらず本馬より人気しそうな馬もいるので、人気薄の激走が現実味を帯びる。

JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  4. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  5. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  6. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  9. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?
  10. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは