NEW

JRA【阪神JF(G1)展望】武豊×幸四郎「兄弟タッグ」でG1初挑戦、「3戦3勝」ウォーターナビレラを止めるのはM.デムーロかC.ルメールか!?

JRA【阪神JF(G1)展望】武豊×幸四郎「兄弟タッグ」でG1初挑戦、「3戦3勝」ウォーターナビレラを止めるのはM.デムーロかC.ルメールか!?の画像1
阪神ジュベナイルフィリーズが行われる阪神競馬場

 12日、2歳女王を決める阪神JF(G1)が阪神競馬場で行われる。今年はフルゲート18頭に23頭が登録。収得賞金400万円の馬による7/11の抽選となる。

 最大の注目は、武豊騎手の実弟・武幸四郎調教師が送り込む3戦3勝のウォーターナビレラ(牝2歳、栗東・武幸四郎厩舎)だろう。鞍上には前走に続き兄の武豊騎手が配され、兄弟タッグで初のG1に挑戦する。

登録23頭中唯一の3勝馬で、『netkeiba.com』の予想オッズでも堂々1番人気に支持されているウォーターナビレラ。2戦目までは吉田隼人騎手が騎乗していたが、前走のファンタジーS(G3)で兄弟タッグが実現した。その前走は、2歳の牝馬限定戦としてはやや速いペースとなったが、2番手追走から難なく抜け出して、デビューからの連勝を3に伸ばしている。

 同馬の武器はテンの速さとスピードの持続力だ。3戦すべてでスタートダッシュを決め、逃げもしくは2番手を先行している。コースも札幌1500m、中山1600m、阪神1400mと異なる舞台で、すべて上がり3ハロン2位以内と、先行しても安定して速い上がりを繰り出す力を持っている。今回は初めての外回りコースとなるが、よほどの乱ペースにならない限り、上位争いは必至だろう。

 父は新種牡馬のシルバーステートで、その初年度産駒の1頭。重賞初制覇に続き、父にG1初制覇をもたらすことはできるか。

 武騎手は阪神3歳牝馬S時代を含めてこのレースは21戦して、「1-1-2-17」。あまり相性がいいレースとは言えないが、1994年ヤマニンパラダイス以来となる優勝を、弟の管理馬で達成できるだろうか。

 ステルナティーア(牝2歳、美浦・木村哲也厩舎)は、12年ローブティサージュ以来の1勝馬による2歳女王の座を狙う。

 全兄は18年マイルCS(G1)を勝ったステルヴィオ。兄と同じく2歳戦から期待に違わぬ素質を見せている。サウジアラビアRC(G3)2着から2歳G1という過程は兄と同じだ。

 ステルヴィオはデビュー4戦目の朝日杯FS(G1)で、ダノンプレミアムの2着に好走した。一方、妹のステルナティーアは、デビュー2戦目でサウジアラビアRCに出走し、牡馬に挑戦。勝ったコマンドラインには半馬身及ばなかったが、賞金加算には成功した。

 その前走は負けたとはいえ、スローで流れた分、最後は位置取りの差が出てしまった。上がり時計はステルナティーアの方が0秒1上回っており、牝馬相手なら一気に突き抜けてもおかしくない。

 鞍上はデビューから手綱を取ってきた福永祐一騎手が香港遠征のため、C.ルメール騎手に乗り替わる。同騎手は兄ステルヴィオが3歳秋のマイルCSを勝つ前まで主戦を務めていた。今度はテン乗りで妹をG1制覇に導くことはできるか。

 そのルメール騎手は阪神JFには過去4度騎乗し、2勝、2着1回という好成績を残している。16年ソウルスターリング以来の3勝目を狙う。

JRA【阪神JF(G1)展望】武豊×幸四郎「兄弟タッグ」でG1初挑戦、「3戦3勝」ウォーターナビレラを止めるのはM.デムーロかC.ルメールか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配