NEW

【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか

【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるかの画像1

 12日には香港のシャティン競馬場で4つのG1からなる「香港国際競走」が開催される。1600mで行われる『香港マイル』には日本から4頭が出走を予定しているが、香港のマイル王がその前に大きく立ちはだかる。

 それが通算19戦18勝、2年前の9月から15連勝中というゴールデンシックスティ(セ6歳、香港)だ。

 昨年の当レースを断然1番人気に応えて快勝したのは記憶に新しく、今年に入ってからも4戦4勝と負けなし。主催する香港ジョッキークラブ発表のレーティングでは、メンバー単独トップの「120」をたたき出している。

 ただし、今年の4戦はいずれも2着馬との差が1馬身以内。勝ち切っているのは強さの証左だが、6歳秋を迎えて万全とまでは言えるかどうか。今年は通算4勝、過去6年で2勝(15年モーリス、19年アドマイヤマーズ)している日本調教馬にもチャンスがありそうだ。

【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるかの画像2
ダノンキングリー 撮影:Ruriko.I

 打倒ゴールデンシックスティの筆頭格はメンバー2位タイとなるレーティング「118」のダノンキングリー(牡5歳、美浦・萩原清厩舎)だろう。

 3歳春には皐月賞(G1)3着、日本ダービー(G1)2着とクラシック戦線でも活躍。3歳秋以降は1600~2000mの距離で一線級と渡り合ってきた。

 G1ではなかなか人気に応えることができなかったが、今年6月の安田記念(G1)で待望のG1制覇。テン乗りの川田将雅騎手に導かれ、見事春のマイル王に輝いた。

 秋は毎日王冠(G2)で始動し、シュネルマイスターとの2強を形成した。道中早めにポジションを上げて先頭に立ったが、ゴール寸前で外からシュネルマイスターの強襲に遭い差し切られた。その後はいったん放牧に出され、先月上旬に美浦に帰厩。ここを目標に調整されてきた。

 引き続き手綱を取る川田騎手にとって香港遠征は3度目。16年香港マイルはサトノアラジンで7着、18年香港スプリント(G1)はファインニードルで8着といずれも苦杯をなめている。三度目の正直で勝利の美酒を味わえるか。なお、川田騎手は香港スプリントでダノンスマッシュ、香港カップ(G1)ではラヴズオンリーユーに騎乗を予定している。

 ダノンキングリーと並ぶレーティング「118」のインディチャンプ(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎)は、これが引退レースとなる。

 通算22戦して、「8-2-5-7」、7度ある着外のうち6度は掲示板を確保しているという安定感が武器だ。唯一掲示板を外したのが2年前の当レースだった。

 その時はD.レーン騎手とのコンビで、スタートで後手を踏み、終始インを進んだが、直線で進路がなく不完全燃焼の7着に終わった。

 それ以来2度目となる海外遠征でリベンジを果たすべく、今回は主戦の福永祐一騎手が手綱を取る。福永騎手といえば01年にエイシンプレストンでこのレースを制覇しており、20年ぶりの快挙達成にも期待がかかる。

【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  4. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  5. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  6. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  9. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?
  10. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは