NEW

JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは

【この記事のキーワード】, ,
JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知るアンカツが突きつけた現実とはの画像1
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 5日、中京競馬場で行われたチャンピオンズC(G1)は、1番人気のテーオーケインズ(牡4歳、栗東・高柳大輔厩舎)が勝利。今夏の帝王賞(G1)でダート界の頂点に立った実力派が6馬身差の圧勝で、一枚上の力を見せつけた。

 その一方、2番人気に支持されながらも12着に大敗したのが、桜花賞馬のソダシ(牝3歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 16頭の猛者が集ったダート1800mのレース。今回がダート初戦となるソダシにとって、包まれて砂を被る展開になりやすい1枠1番からの発走は大きな試練になると思われていた。

 そんな状況下で吉田隼人騎手が下した「逃げ」という決断は、順当な選択といえるだろう。幸い、絡んでくる馬もおらず、ソダシはあっさりとペースの主導権を握ることに成功した。

 毎年のように激しいハナ争いが展開されるチャンピオンズCとしては珍しい光景。レース直前になって1番人気をテーオーケインズに譲ったソダシだが、前半は白毛の女王を切る決断をしたファンの多くが肝を冷やす展開だったのではないだろうか。

 それもそのはず。1000m通過61.4秒は昨年の60.3秒、一昨年の60.8秒よりもかなり遅いペースだからだ。過去5年を振り返っても、61.9秒だった2018年はルヴァンスレーヴが2番手から抜け出して快勝。61.6秒だった2017年もハナ争いを演じたテイエムジンソクとコパノリッキーが2、3着に残っており、先頭を行くソダシにとっては絶好のペースに思われた。

 しかし、白毛の女王の快調な走りは、最後の直線を迎えたところであっさりと終わりを迎えてしまった。

 2番手のインティに並びかけられると、ほぼ何の抵抗もできずに先頭を譲ったソダシ。主戦の吉田隼騎手が懸命にムチを打ったものの、本来の粘りもなく、そのまま馬群に飲まれてしまう。結果は12着と、前走の秋華賞(G1)に続き、またも大敗となってしまった。

「2番手のインティが4着、3番手のアナザートゥルースが3着に粘っているわけですから、今日のソダシが展開面で恵まれていたことは確かだと思います。吉田隼騎手も『しっかりとリズム良く走れたし、スピードの乗りは良かった。雰囲気も良かった』と一定の手応えは感じている様子でした。

ただ、それでも最後の直線で馬群に沈んでしまったのは、単純にダート適性がなかったのか、それとも精神面なのか……吉田隼騎手は『力のいるダートとか、古馬の牡馬相手で地力の差が出た』と話していましたが、ちょっとわからないですね」(競馬記者)

 この結果を受け、レース後には「ソダシ」がすぐにトレンド入り。ネット上のSNSや掲示板などでは「ソダシの忖度レースだと思ったのに」「あの展開で負けるってことはダート適性がないとしか」「もうダートを走ることはないだろうね」「ダート適性はないってことがわかったのが収穫」など、やはりソダシのダート適性に敗因を求める声が多く見られた。

 しかし、そういった見解に異を唱えたのが、元JRA騎手のアンカツこと安藤勝己氏だ。

JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?