NEW

JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?

【この記事のキーワード】, ,
JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の取りこぼしにファンからも不満の声が続出!?の画像1
福永祐一騎手

 5日、中京競馬場でチャンピオンズC(G1)の直前に行われた10R中京日経賞(2勝クラス)は、福永祐一騎手の3番人気サマートゥリストが勝利。10月の1勝クラスに続いて連勝を決めた。

「いい形で脚を溜めてレースができました」

 福永騎手がそうレースを振り返ったように、この勝利は「中京の鬼」ともいわれる名手の好騎乗が導いたといっていいだろう。

 一方、パートナーを道中で完璧なエスコートした福永騎手に対し、あまりにも残念過ぎる騎乗だったのは、1番人気のジャスティンカフェ(牡3、栗東・安田翔伍厩舎)の川田将雅騎手だ。

 こちらは前走の快勝を評価されて、ファンからは単勝オッズ1.7倍の断然人気に支持を集めていた。2勝クラスに上がったとはいえ、舞台は強い勝ち方をした前走と同じ中京の芝1600m戦で、当時完勝した相手がサマートゥリスト。牝馬限定戦を連勝していたジュリアバローズが2番人気でも、このメンバー相手なら確勝級と評価されたのも無理はない。

 13頭立てのレースでジャスティンカフェが2枠2番と内枠に入ったことも、レースが難しくなった大きな要因だろう。同じく2枠3番で快勝した前走は、直線半ばで馬群がバラけたことも幸いし、進路が開けてから思う存分に末脚を引き出せた。

 だが、今回はさすがにそう上手くはいかなかった。

 逃げたグレイテストが前半600mを36秒8のスローに落としたことにより、馬群が凝縮した最後の直線入り口では、インに各馬が殺到。中団6、7番手からの競馬をしていたジャスティンカフェの前にはライバルが横並びの壁となって立ちはだかった。これには、川田騎手も最悪の事態を察して外に進路変更を決断する。

 絶対に負けられないコンビにとって不運だったのは、ちょうど外にM.デムーロ騎手のテンバガーが上がって来ていたタイミングと重なったことだ。

 “絶体絶命”のピンチを脱するために、川田騎手はジャスティンカフェでテンバガー相手にやや強引にも思えるタックルを敢行するも、その影響でジャスティンカフェが首を大きく上下し、そんなシーンがVTR映像にもハッキリと映されていたほどだった。

 何とか進路を確保して懸命に追い出されたものの、対照的にスムーズなレース運びを見せていたサマートゥリストが先に抜け出した後。ジャスティンカフェは上がり最速となる3ハロン33秒3の末脚で応え、ゴール寸前で交わしたかに思われたが、現実は厳しいものだった。写真判定の結果、サマートゥリストがハナ差で残っていたのである。

JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?