NEW

元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」

【この記事のキーワード】, , ,

元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」の画像1

 5日、中京競馬場ではチャンピオンズC(G1)が行われ、1番人気に支持されたテーオーケインズが6馬身差の圧勝。JRAのG1初挑戦で、6月の帝王賞(G1)以来となるG1・2勝目を挙げた。2着に3番人気のチュウワウィザード、3着には14番人気のアナザートゥルースが入り、三連単配当は5万円を超えるヒモ荒れとなった。

 一方、注目された白毛馬のソダシは果敢にハナを奪って粘り込みを図ったが、直線で力尽き12着に大敗。ダート初挑戦はホロ苦い結果に終わった。

 レース直前まで1番人気に支持されていたソダシ。初ダートに懐疑的になりつつも応援馬券を買ったファンも少なくなかっただろう。JRA通算1918勝を誇る元騎手の藤田伸二氏もその一人だったようだ。

 先週のジャパンC(G1)に続き、この日も自身のYouTubeチャンネルで生配信を行った藤田氏。「めっちゃ酔っ払ってます。具合悪いです」と開口一番に述べ番組はスタートした。

元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」の画像2
ソダシ 撮影:Ruriko.I

 この日の主題はやはりソダシ。そのダート適性について、同じ白毛一族のユキチャンとホワイトベッセルに騎乗した経験を踏まえ「ダートは良い血統だと思う」と明言。そしてソダシの鞍上・吉田隼人騎手と週初めに電話で話したことも明かした。

 その際、吉田隼騎手は「(チャンピオンズCでは)できれば外目の枠から好位で競馬ができれば……」と言っていたというが、引き当てたのは1枠1番という理想とはかけ離れた最内枠だった。

 藤田氏が吉田隼騎手と話したのは枠順が決まる前だったようなので、もちろん最内枠に決まってからの作戦は知る由もない。ただ、藤田氏が『(スタートを決めれば)ソダシは逃げるしかない』と繰り返していた。実際のレースでも藤田氏の読み通り、ソダシが逃げる展開となった。

 藤田氏によると、吉田隼騎手から「勝ちたいけど、圧勝か全くダメか、いいか悪いかどちらか」という発言もあったという。その言葉を信じたのか、藤田氏は「ソダシを応援する」としつつも、本命には7番のサンライズホープを抜擢。

 本命馬からソダシを含めない三連複フォーメーション18通り。そしてソダシを軸とした馬単マルチ18通りの2パターンの買い目を披露した。

 対抗には、テーオーケインズを挙げたが、ソダシのライバルになり得る存在を吉田隼騎手に聞いた際にチュウワウィザードとともに名前を挙げていたという理由だった。

 そして迎えたレース時間。ゲートが開き、ソダシが行く姿勢を見せると、「隼人、行ききっちゃえ!行ききっちゃえって!」と藤田氏は声を張り上げ、最初のコーナーまでにソダシがハナを奪うと「お、隼人、いいぞー」と声援を送った。

 逃げ候補の1頭のカジノフォンテンが控えると「これはある意味、(鞍上の)ミルコ(デムーロ騎手)が空気を読んでくれたね」とその心中を察し、同じく内目の枠から逃げる可能性があったインティが2番手に控えたことには、「ユタカさん(武豊騎手)まで2番手に。インティが抑え込んだっていうことは、やっぱりソダシを立ててっていうことになるから、さすがユタカさん。空気を読める人だなっていうふうに思いますよ。これがソダシじゃなかったらユタカさん絶対ハナ行ってると思う」と持論を展開した。

 そして1000mの通過タイムを見て、ソダシがマイペースの逃げに持ち込んだことが分かると、「(もしソダシが)ダート巧者だったら、このままぶっちぎる可能性もある」と見立てを語ったが、最後の直線でソダシは失速。さらに藤田氏の本命サンライズホープも伸びを欠き、ゴールを待たずして諦めムードとなった。

元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?