NEW

JRA阪神JF(G1)ウオッカ、ニシノフラワーほか、優勝馬はウマ娘でお馴染みの名馬がズラリ! 混戦を断つ今年の女王候補は?

JRA阪神JF(G1)ウオッカ、ニシノフラワーほか、優勝馬はウマ娘でお馴染みの名馬がズラリ! 混戦を断つ今年の女王候補は?の画像1

 JRAのダート王を決めるチャンピオンズC(G1)はテーオーケインズの勝利で終わり、今週はいよいよ2歳女王決定戦の阪神JF(G1)が行われる。昨年はソダシが勝利し、白毛フィーバーを巻き起こした。

 このとき2着のサトノレイナスは日本ダービー(G1)でも人気の一角を背負い、3着ユーバーレーベンは後のオークス(G1)を制したように、ハイレベルなレースだった。それだけに今年も来年のクラシックに向けて注目の一戦となることは間違いないが、昨年に勝るとも劣らない好メンバーが揃った。

 それにしてもこのレースの優勝馬は、なかなかの女傑揃いである。勝ち馬だけでなく、出走馬を見渡せばその世代を代表する名馬ばかり。他にも意外な活躍馬も多く存在しており、今回はそんな阪神JFの歴史から(1991年~2000年は阪神3歳牝馬Sの名称)、特に注目すべき馬をピックアップした。

【ニシノフラワー】
 まずは1991年の優勝馬ニシノフラワーだ。今やウマ娘で大人気だが3歳時には桜花賞(G1)、スプリンターズS(G1)を勝利。桜花賞馬が3歳時にスプリンターズSを勝利したのは同馬のみという快挙で、しかもその前走は2400mのエリザベス女王杯(G1・現在は芝2200m)で3着だから驚きだ。

【ヒシアマゾン】
 女傑と言われた1993年優勝馬ヒシアマゾン。当時のルールで外国産馬のため桜花賞とオークスには出走できなかったが、クイーンC(G3)から秋のエリザベス女王杯まで重賞6連勝を成し遂げている。距離も1200m、1600m、2000m、2400mと幅広く、そのインパクトは絶大。さらに有馬記念(G1)でナリタブライアンの2着、ジャパンC(G1)も2着と大一戦で活躍した。

【メジロドーベル】
 1996年に優勝したメジロ牧場の傑作メジロドーベルも忘れられない1頭だ。桜花賞は2着もオークスと秋華賞(G1)を勝利。さらにエリザベス女王杯で連覇を達成とG1レースを5勝している。特にオークス以降は牝馬限定戦なら重賞6戦5勝と同世代の牝馬を圧倒した。

【ウオッカ】
 2006年の阪神JFを4番人気で勝利したウオッカ。その後、歴史的な名牝にまで成長するとは、当時は誰も想像できなかったかもしれない。牝馬ながら日本ダービーを制し、安田記念連覇、天皇賞(秋)、ジャパンC、ヴィクトリアマイルと7つのG1レースを勝利した。獲得賞金は13億円を超え、JRAの牝馬で歴代4位の記録。特筆すべきは2歳から5歳まで毎年G1レースを制していることだ。

【ブエナビスタ】
 2008年に勝利したブエナビスタも印象深い。他に2頭の重賞勝ち馬を含めた12頭のオープン馬がいたにもかかわらず、前走未勝利戦を卒業したばかりの馬が、単勝2.2倍と断然の支持を集めた。しかしその評価は正しかった。最後の直線で他馬を圧倒する上がり34秒台の豪脚を使って15頭をごぼう抜き。その後は桜花賞、オークス、ヴィクトリアマイル、天皇賞(秋)、ジャパンCを勝利し、獲得賞金は14億円を超えJRA牝馬歴代3位の記録となっている。

【アパパネ】
 阪神JFの優勝馬で、唯一牝馬三冠(桜花賞・オークス・秋華賞)を達成した2009年優勝馬アパパネ。古馬になっての勝利はヴィクトリアマイルのみだが、やはり牝馬三冠の偉業は重みがある。今年は同馬の娘アカイトリノムスメが秋華賞を制するなど、母としても名牝の域に達した。

【ラッキーライラック】
 2017年優勝馬ラッキーライラックは天国と地獄を体験した馬だろう。デビューから3連勝で阪神JFを制し、年明けのチューリップ賞(G2)も快勝。桜花賞も断然の1番人気に支持されたが、勝利したのはアーモンドアイと相手が悪かった。その後不振が続き7連敗し、早熟で終わったかと思われたが、名手C.スミヨン騎手と松永幹夫厩舎の尽力もあり、エリザベス女王杯で復活勝利。さらに香港ヴァーズ2着、大阪杯1着といったG1で結果を出し、エリザベス女王杯で連覇を達成した。

JRA阪神JF(G1)ウオッカ、ニシノフラワーほか、優勝馬はウマ娘でお馴染みの名馬がズラリ! 混戦を断つ今年の女王候補は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  5. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  10. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由