NEW

JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは

JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とはの画像1
横山典弘騎手

「みんなが聞きたいのは“ポツン騎乗”じゃないの(笑)?」

 関東の大ベテランであり、時に「武豊騎手以上の天才」と称される名手・横山典弘騎手がそう切り出したのは、『netkeiba.com』で好評連載中の対談企画『競馬対談with佑』だ。

 藤岡佑介騎手がホスト役を務め、様々なゲストを招いてトークを繰り広げる人気企画に登場した横山典騎手。本騎手といえば、馬群から大きく取り残される大胆な追い込み作戦、いわゆる「ポツン」が一部の競馬ファンの間で代名詞のように扱われているが、そんなネットスラングを本人が知っていることに驚いたファンも少なくないはずだ。

 詳細はぜひ本対談企画をご覧いただきたいが、常識破りともいえる作戦「ポツン」は炸裂するたびに大きな注目を集め、失敗に終わればたちまち批判の的、逆に成功すれば大絶賛という、今や横山典騎手を語る上で欠かせないアイデンティティの一部となっている。

 そんな多くの人々を虜にしている大胆騎乗の裏には「天才」と称される横山典騎手独特の考えがあることは、ファンの誰もが知るところ。ただ、ポツンは本人にとっても「ギャンブル」的な作戦だというから驚きだ。

 今年の代表的なポツンは、日本ダービー(G1)のレッドジェネシスだろう。

 前哨戦の京都新聞杯(G2)を勝利して、競馬の祭典に挑んだレッドジェネシスだが、主戦の川田将雅騎手がヨーホーレイクに騎乗したため、陣営が白羽の矢を立てたのが、経験豊富な大ベテランの横山典騎手だった。

 当時は13番人気の伏兵に過ぎなかったが、秋の神戸新聞杯(G2)で2着し、菊花賞(G1)で1番人気に推されるなど、その素質はG1級。穴党ファンの淡い期待を背負ったレッドジェネシスと横山典騎手だったが、あろうことかスタートからまったく行く気がないと思えるような後方待機策を選択……完全なポツンとなった。

 結果は上がり3ハロン33.7秒の末脚で追い上げたものの、11着どまり。人気を考えれば妥当な結果だが、当時多くのファンから批判的な声が上がったのは言うまでもないだろう。

 それにしても何故、横山典騎手は失敗すれば批判の的となる一か八かの作戦「ポツン」を幾度となく敢行するのだろうか。

JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?