NEW

JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声

JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声の画像1

 5日に中京競馬場で行われたチャンピオンズC(G1)は、1番人気のテーオーケインズが6馬身差の圧勝。今夏の帝王賞(G1)に続く、2つめのビッグタイトルを手にし「1強時代」の到来を告げた。

 主戦の松山弘平騎手が「本当に強かった」と振り返るのも当然か。6馬身差の2着チュウワウィザードは昨年の覇者であり、この着差は同レース史上最大。ジャパンCダート時代にクロフネが残した7馬身差に迫る記録的な勝利だったからだ。

 また、スタート直前にはダノンファラオが暴れるアクシデント。狭いゲート内で待たされる格好となったが、松山騎手は「しっかり馬は我慢してくれて、厩舎の方でも練習してくださっていたので良い方に結びついた」とチーム一丸の勝利だったことを強調。スタートで後手を踏んだ前走JBCクラシック(G1)の反省を陣営がしっかりと活かした快勝劇だった。

 その一方、チームの「結束力」という点について疑問の声が出ているのが、船橋から参戦したカジノフォンテン(牡5歳、船橋・山下貴之厩舎)だ。

 昨年の東京大賞典(G1)で9番人気の低評価を覆して2着すると、今年の川崎記念(G1)とかしわ記念(G1)で中央馬を相手に勝利。1999年にフェブラリーS(G1)を勝ったメイセイオペラ以来となる地方馬のJRA・G1制覇へ、十分な現実味を帯びた挑戦だった。

 さらにカジノフォンテンは全12勝中11勝が左回りという、典型的なサウスポー。チャンピオンズCの舞台となる中京は陣営にとっても願ったり叶ったりの舞台であり、直前の追い切りでも「弾むようなフットワークで反応も抜群」とのコメントが飛び出せば、快挙達成を期待するファンのボルテージも高まるばかりだったに違いない。

 実際に、競馬好きで知られるプロ野球・田中将大投手が、レース前日に『netkeiba.com』で公開した予想では、カジノフォンテンが対抗「〇」評価。「地方馬だからと侮ってはいけません」と、中央馬と互角以上の戦いを演じてきた力に期待している様子だった。

 しかし、レースはそんな田中投手やファンの期待を大きく裏切る内容となってしまった。

 ここまでハナに立つか、番手の競馬で結果を残してきたカジノフォンテンだったが、この日は5番手からという消極的なレース。スタート直後こそ、ハナを主張した隣のソダシと並走していたが、外からインティが被せてくると、あっさりと引いた。

JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声の画像2
M.デムーロ騎手

 そして特にファンの疑問を呼んだのが、レース後のM.デムーロ騎手の「馬混みが良くないですね。耳を絞ったり、内にモタれたりしていました」というコメントだったという。

「デムーロ騎手の『馬混みが良くない』というコメントは、一見すると普通にも見えますが、以前からカジノフォンテンに注目していたファンからすれば“今更感”満載……。

まるで、今回がデビュー戦のようなコメント内容に『何故、事前に(デムーロ騎手に情報が)伝わってないの?』と言いたくなるところでしょうね。カジノフォンテンが馬混みを嫌うことは、陣営からすれば当然把握していたはずですから」(競馬記者)

 記者がそう話すのも今回、デムーロ騎手はカジノフォンテンとの初コンビだったからだ。

JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?