NEW

JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ

【この記事のキーワード】, ,

JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケの画像1

 11日、中京競馬場では芝2000mのハンデ重賞・中日新聞杯(G3)が行われる。

 このレースで、2019年のエプソムC(G3)以来、約2年6ヶ月ぶりの勝利を目指すのが、古豪レイエンダ(セン6歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だ。

 同馬はご存知、17年の日本ダービー(G1)を勝ったレイデオロの全弟。新馬戦を快勝後に骨折し、春のクラシック2冠は未出走に終わったが、復帰すると条件戦を連勝した。

 デビューから無傷の3連勝で挑んだセントライト記念(G2)では、クラシック出走馬を差し置いて1番人気の支持を得た。残念ながら2着に敗れてしまうが、兄を彷彿とさせる能力の高さが光った。

 しかし一息入れて挑んだチャレンジC(G3)で6着に敗退すると、成績は徐々に低迷。翌年に前述のエプソムCで重賞初勝利を挙げたが、以降は12連敗を喫している。

 不振脱却を目指した陣営は、今年4月のダービー卿CT(G3)を15着に大敗後に去勢を決断。去勢手術を施された結果、セン馬へ生まれ変わったレイエンダは、約5ヶ月の充電を経た京成杯AH(G3)で復帰。結果は振るわなかったが、レース内容は悪いものではなかった。

 単勝158.2倍の15番人気で出走した同馬は、道中12番手のインを追走。直線では内にもぐり込むと、進路を探しながら上がり2位の33秒8の末脚を繰り出して6着。勝ち馬のカテドラルからは0秒3差で、G1馬のステルヴィオに先着しており、復活を予感させる内容だったといえるだろう。

 とはいえ、既に6歳の秋を迎えているように若くはない。今回は昨年の函館記念(G3)以来、久々にC.ルメール騎手とのコンビで出走を予定しているが、既にピークは過ぎたと思われているのか、『netkeiba.com』の想定オッズでは7日の時点で10番人気に留まっている。

JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケの画像2
C.ルメール騎手

 ルメール騎手が騎乗予定ながら人気薄。ファンからあまり期待されていないようにも見える人気薄だが、むしろ今回こそ絶好の狙い目となりそうだ。

 セン馬となった男馬は去勢するとホルモンバランスが一時的に変化するため、馬体重が大きく減少する。そして再びホルモンバランスが整うまでに、およそ半年の期間を要するといわれている。

 昨年のスプリンターズS(G1)で16着だったビアンフェは、同レース後に去勢。約5ヶ月ぶりに出走したオーシャンS(G3)では12キロの馬体減だった。しかし、去勢明け2戦目となった6月の函館スプリントS(G3)はプラス12キロと回復。レースでは見事に逃げ切り勝ちを収めた。

 同馬を管理する中竹和也調教師はレース後、「筋肉が乗り替わって、いい筋肉が乗った。これも去勢の効果。精神面のためにしたけど、それもよかった」とのコメントを、『日刊スポーツ』に残している。

JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  2. JRA 「無職」のどん底から1か月後にG1制覇、豪運オニャンコポンオーナー「波瀾万丈」の大逆転人生
  3. JRA横山典弘「よく頑張った」にクラヴェル陣営でさえ不満隠せず!? 日経新春杯(G2)“無責任” コメント糾弾から一転して大絶賛の顛末
  4. JRA「勝たなアカン!見とけよ!」岩田康誠の空振りに陣営も不信感!? 超高額馬が「約34分の1」激安ホースに完敗
  5. JRA C.ルメール「重賞12連敗」にファンから総スカン!? 京成杯(G3)「超スローペースでした」の謎コメントで戸崎圭太と明暗
  6. JRA 「ハンパ騎乗」で前任騎手がクビ!? AJCC(G2)絶好舞台で「リピーター」が戸崎圭太と狙う3年ぶり美酒
  7. JRA「どこで本気出しとんねん!」岩田康誠にあの逆神がまたしてもブチ切れ! 前回に続く裏切り騎乗に恨み節
  8. JRA日経新春杯(G2)川田将雅が残した、大本命ステラヴェローチェに勝ったことよりも嬉しい「至極の一言」とは
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRAコントレイル福永祐一でも、ラヴズオンリーユー川田将雅でもない!? 看板馬の引退で苦戦必至の矢作芳人厩舎「逆襲」のキーマンはあの男?